新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近はこればかり話題にしておりますが、それだけブルネロ・クチネリのビジネスの成功は、これからの資本主義の一つのあるべき方向として議論のしがいがあります。

人文学的ビジネス。1990年代に人文学がないがしろにされ始めてから30年、効率・実用史上主義がもたらしたものが限界に来ている今、再び社会に希望をもたらす光として、人文学が息を吹き返している兆しを感じます。
ラグジュアリーマネジメントという領域を初めて知ったが、間違いなく"領域"としてある事に納得する。
ビジネス面での学びだけでなく、リベラルアーツなど教養という分野や、文化、歴史などの理解が"ラグジュアリー"に繋がる。
職人のコンピテンシーも通ずるのかもしれない。
『ラグジュアリー領域は、ゼロから開拓を夢見る市場ではなく、パンデミック以前では、最終個人消費財やリゾートなどの体験型を合計するとおよそ140兆円の世界市場規模です。「そんな実態のない市場にエネルギーを使えるか?」という捨て台詞がここでは通用しません。』
社会も、ビジネスも、結局は人が動かしているものなので、最後に行き着くのは「人」です。

そう考えると、人文学は、とても重要な学問であることを理解できます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません」

業績