新着Pick
404Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
脳の構造で説明されているのが、面白く説得力ありますね。寝る前3分は、習慣づけるには楽な気がします。

人生は一回きりで、”life is too short” 一生はあっという間に短い ので、ポジティブな事を考えた方がお得ですよね。挫ける瞬間はありますが、そういう時はたいがい想定外な事が起きた時。「想定外な事が起きるのも、想定内!」と思うと、気持ちも楽になります。
言葉には力があり、言霊ともいいますからね、
ネガティブワードが口から出てしまうとそのワードが醸し出す雰囲気にそのまま自分も飲み込まれてしまいそうですよね。
自分でも無意識に実施していたなと思うのは、頭の中でネガティブなことやモヤモヤ考えていても、自分で手ではらいのけて、違う違う、と独り言を発していることに気づきます。でも、意外とこれって、自分を切り替えるにはいいのかもしれませんね。
よく研修でもポジティブフィードバックを言葉にして相手に伝えましょうと練習するのですが、人に発しているのに自分の気持ちが良くなるというのも、言葉に力があるからでしょうか。寝る前に、一日の最後には出来事を振り返り、サポートしてもらった感謝を思い起こしています。これも自分の気持ちもよくなり眠りにつけるのかなと思います。その感謝は次の日には正しく言葉で伝えるのを忘れずにですが。
"イメージトレーニングに最適なタイミングは寝る前"とのことですが、私の場合、寝る前にいろいろ考えてしまうと、余計寝付けなくなり、眠りの質が悪くなってしまいます。思考するのは朝一にして、夜はリラックスに徹したい。
口癖が「でも」「だって」の人はだいたいうまくいってない、人も離れていく
「脳は一日の最後を強く記憶します。そして寝る前に思っていたこと、感じていたことを寝ている間に繰り返してくれるのです。」
だから寝る前のイメージトレーニングが大事なのだそう。
確かに、寝る直前に見ていたもの、話していた相手が夢に出てくることも多い気がします。
寝る直前、ちょっと意識してみようと思います。