新着Pick
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
野球部の長男に先週末新しくグローブを買ったのですが、しばらく僕がコーチになるしかないですね。全国のお父さん、そんな時はダルビッシュさんのYouTube観てください。オープンシェアってすごいなぁと思います。公共の知、フル活用せねば。

いろいろありますが個人的には子供達含めて次の世代に何を残せるのか、出来ることから始めたいと思います。
未知のウイルスに対応するために経済を極力止めずに人の動きを止めるという手段を考えたときに、去年の春先にまず学生の動きを止めたのはなんとなく理解は出来た。ちょうど春休みの時期でしたし。9月入学の話が一瞬盛り上がってたのは別問題では?と思いましたが。ただし、それは一年も前のこと。この一年でコロナについてわかったことを踏まえると学生さんは気の毒としか言いようがないです…
第一波の時なぜか人気が高まってましたが、パチンコ店への対応等を見るに化学的というより感情的な方なんだと思い、政治家にはピッタリなんだなと思いました。
感染者を陽性者と定義するから、数字を背景にしても意味の分からない施策になるんですよね。重症者、死亡者をベースで考えたら高齢者にリソース集中させた方が効率的なのは明らか。高齢者は結果的に無視で、若者からは経済活動や教育の機会を奪う、という全方位で損する見事な手腕です。一方で集票対策としては機能しているという不思議、有権者はもっと中身見ていきたいですね。
学校の一斉休校が科学的根拠のない効果の薄い対策だったのに、なぜ部活動を停止しようと考えたのかが分かりません。活動時間の短縮を行う判断が学校任せになっているのも問題かと。
この時点で大阪の学校の部活はハンデですよね。コロナ禍でのスポーツは参考記録程度に考えるというか、新ルールでの大会と考えた方が気の持ちようとしてはいいのかも。どのスポーツでもコロナに振り回されていますよね。
重症化しやすい年代が集まり、クラスターが発生しやすい場所を重点的にやるべきだと思いますけど。感情論ではなくもっとロジカルに。
クラブ活動より密な空間は多くある。パフォーマンスのために立場の弱い、票にならない層から犠牲になるのが衆愚政治の常