新着Pick
353Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
1993年と言えば私はMBA留学先のコンピューターセンターで教えてもらいながら生まれて初めてemailなるものをした記憶があります。思うに「分からない世界」だから成長があるんですよね。できる人ができても成長でも何でもないので。
プレゼンの神、澤円氏の連載第2回です。
---
マイクロソフト時代に、ビル・ゲイツの名を冠したMVP賞を受賞するなど圧倒的な成果を上げ、「プレゼンの神」と慕われる澤円氏。

2020年10月に独立した後も、多業種からオファーが絶えない「個人力」を発揮している。

自身のことを「ポンコツ」と自虐するが、実はそこに強みの源があるという。澤氏のキャリアの拓き方に迫る。(全7回)

■第1回 「プレゼンの神」がマイクロソフトを辞めた理由
■第2回 会社の名前ではなく、職業で自分を語る
■第3回 「できない」「分からない」は強みに変えられる
■第4回 プレゼンは、プレゼントだ
■第5回 評価は「物差し」次第で変わる
■第6回 選択の判断軸は「鍛錬か、我慢か」
■第7回 会社の枠を超えて活かせる「抽象力」を磨け
お仕事ももちろん素晴らしいとして、
パーソナルブランディングが、とてもお上手だと思います。

お仕事ができるのに、周囲からの評価があっていないなぁと思われる方は、澤さんの立ち振る舞い、見せ方、ポジションの取り方なども参考になるかなと。
就職にしても就社にしてもそもそも自分の意志でキャリア(職種や会社何を優先するかも含めて)を選んでいるということが重要だと思います。自分の判断軸で責任をもって選んでいくということが、キャリア形成というよりも自己実現には重要な要素になってくることを感じています。

---
つつがなく進行する内定式の会場にいながら、ふと湧いてきた強烈な違和感。「これって就職じゃなくて“就社”だよな。果たしてこれで“職”を得ると言えるのか?」。
もう一人の自分のささやきを無視することはできず、僕は間を置かずに内定を辞退。もう一度、就活をやり直すことにしたのです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。