新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エクスコムグローバル社長・西村誠司氏の連載第5回です。
---
エクスコムグローバルという社名は知らなくても、海外用Wi‐Fiレンタルサービス「イモトのWiFi」や、新型コロナウイルスPCR検査の「にしたんクリニック」なら聞いたことがあるという人は多いかもしれない。同社を25年前に創業したのが、西村誠司社長だ。

コロナ禍で海外旅行客は消え、海外用Wi-Fiレンタル事業は売り上げ98%減。瀕死の状態に陥るも、西村社長は新事業に活路を見いだし、わずか1年足らずでV字回復。存亡の危機を乗り越えた。

優れたマーケティングと経営センスがあれば、どのような環境にあっても成功に導ける。それを体現しているのが、西村社長だ。その不屈の精神はいかに磨かれてきたのか。今につながる西村社長の軌跡をたどる。(全7回)

■第1回 売り上げ98%減。瀕死から1年でV字回復
■第2回 事業壊滅でも銀行から資金調達できた理由
■第3回 過酷な少年時代が今の私をつくった
■第4回 事業を始めるのに必要な「3つのスキル」
■第5回 「あったらいいな」が事業のネタになる
■第6回 サービス名「イモト」に全役員が反対
■第7回 「1勝19敗」やってみなければ分からない
感度と行動力と仲間の3つがあればなんとかなる、というのは言い過ぎでしょうかね。でもそう思わされました。
凄い修羅場経験を通して、会社を大きくされている。
人それぞれに様々な経験があり、その大きさを比較する必要は無い。ただし、"修羅場経験は自身の成長の為に必要不可欠"と思っておけば、躊躇があっても飛び込めるようになるかも知れない。

人間は、脳の制御が掛かるので、安全から出ることに当たり前に躊躇する。脳の役割は"死なない事"のため、コンフォートゾーンにいることが、安心だからだ。
ただ、修羅場を越えれば、さらにサバイバル能力、生き抜く知恵が付く、と思えば、行動を変えられるかもしれない。自身で思い込ませる事が大事。
良い話。

【抜粋】
そんなとき、中島が退職を申し出てきました。

「社長、入社して1年しか経っていませんが、独立します」と。恐らく会社の苦しい台所事情を察してくれたのだと思います。

川村さんは川村さんで「私の給料の支払いは遅れてもいいですから、その分、有効に使ってください」と言ってくれました。
まさに元気があればなんでもできる。
諦めずに続けた人だけが生き残る泥臭さの時代ですね。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社 イモト(Imoto Sports Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置くスポーツ用品メーカーである。1946年創業。 ウィキペディア