新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
7つの習慣的。自分の葬儀について考える。
環境に左右されないか。そーですね。
余命宣告より長く生きられた父と、高校の先生などサポートしてくれる存在が大きったのではと想像しました。とはいえ、アドラー的にも環境などのせいにせず、自分で変えられると。トラウマなんてないんだという考えもありますからな。
腐らないってのが大事。それをどう仕組みができるか興味ある。
人気 Picker
エクスコムグローバル社長・西村誠司氏の連載第3回です。
---
エクスコムグローバルという社名は知らなくても、海外用Wi‐Fiレンタルサービス「イモトのWiFi」や、新型コロナウイルスPCR検査の「にしたんクリニック」なら聞いたことがあるという人は多いかもしれない。同社を25年前に創業したのが、西村誠司社長だ。

コロナ禍で海外旅行客は消え、海外用Wi-Fiレンタル事業は売り上げ98%減。瀕死の状態に陥るも、西村社長は新事業に活路を見いだし、わずか1年足らずでV字回復。存亡の危機を乗り越えた。

優れたマーケティングと経営センスがあれば、どのような環境にあっても成功に導ける。それを体現しているのが、西村社長だ。その不屈の精神はいかに磨かれてきたのか。今につながる西村社長の軌跡をたどる。(全7回)

■第1回 売り上げ98%減。瀕死から1年でV字回復
■第2回 事業壊滅でも銀行から資金調達できた理由
■第3回 過酷な少年時代が今の私をつくった
■第4回 衝撃『ケインとアベル』が起業のきっかけ
■第5回 「あったらいいな」が事業のネタになる
■第6回 サービス名「イモト」に全役員が反対
■第7回 「1勝19敗」やってみなければ分からない
素晴らしい話ですね、と一言で言っては行けないような深いお話でした。
>人は環境によってつくられるのではない
ご自身の生き方から出る力の籠ったお言葉と感じます。
逆境が人を強くする、とは言いますが簡単なことではありません、誰かの何かのせいにした方が楽に生きられますから。
次回が楽しみです。
西村社長は強い方です。

コロナで売上98%減になっても。これまでの経験があるから大変だと感じないのでしょう。
むしろ、乗り越えるものだと、普段通り行動します。

人として尊敬します。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社 イモト(Imoto Sports Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置くスポーツ用品メーカーである。1946年創業。 ウィキペディア