新着Pick
307Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「銀行がいうには、最終的に借りられるところこそ動きが早く、一刻も早く借りなければならないところほど遅く来る」に考えさせられました。一言でいれば危機感、あるいは現実を直視する力が経営の本質にあるということなのでしょう。

テレビで「身近に戦争を感じている国ほどワクチン接種が早い」というコメントを聞きましたが、相通じるものがあると思いました。
協力してくれる仲間の増やし方のひとつ。
エクイティファイナンスの話題の多いNewsPicksの中で、銀行借り入れについてのいいお話でした。
「結果的に、ある1つの銀行と話がまとまると、それが呼び水になって、4月には複数の銀行から無担保・無保証で合計30億円を資金調達できました」
エクスコムグローバル社長・西村誠司氏の連載第2回です。
---
エクスコムグローバルという社名は知らなくても、海外用Wi‐Fiレンタルサービス「イモトのWiFi」や、新型コロナウイルスPCR検査の「にしたんクリニック」なら聞いたことがあるという人は多いかもしれない。同社を25年前に創業したのが、西村誠司社長だ。

コロナ禍で海外旅行客は消え、海外用Wi-Fiレンタル事業は売り上げ98%減。瀕死の状態に陥るも、西村社長は新事業に活路を見いだし、わずか1年足らずでV字回復。存亡の危機を乗り越えた。

優れたマーケティングと経営センスがあれば、どのような環境にあっても成功に導ける。それを体現しているのが、西村社長だ。その不屈の精神はいかに磨かれてきたのか。今につながる西村社長の軌跡をたどる。(全7回)

■第1回 売り上げ98%減。瀕死から1年でV字回復
■第2回 事業壊滅でも銀行から資金調達できた理由
■第3回 過酷な少年時代が今の私をつくった
■第4回 衝撃『ケインとアベル』が起業のきっかけ
■第5回 「あったらいいな」が事業のネタになる
■第6回 サービス名「イモト」に全役員が反対
■第7回 「1勝19敗」やってみなければ分からない
お金は情報を基に貸し出すもの。普段から情報を伝えていて先方にとって解像度が高ければ貸しやすいし、その姿勢含めて問われる。だから「Credit(信用・与信)」「Bond(約束)」という言葉につながる。
昨日のピボットのお話しといい、今日の銀行を大切なパートナーと見立てるお話しといい、素晴らしいと思います。

言われれば当然と感じても、なっかなかできる芸当ではありません。
コロナ禍での最大のポイントは早期に資金確保に動き、実際に借り入れできたことにあるのでしょう。そして、日頃から関係を構築し、備えていたということですね。
"経営者によっては無借金を志向する人もいますが、私は反対に差し迫って必要がなくても、ある程度お金を借りることにしています。"
"銀行を、金融機能というより、信用補完というかたちで最大限利用させてもらっています。お金はそういう意味合いで借りてきました。銀行は我々にとって大切なパートナーなのです。"
企業が借金するメリットを具体的に説明してくれているエピソードです。

個人だと借金は早く返したいもの、しかし企業は借金を繰り上げ返済するべきではありません。
銀行が融資する基準には次のようなものがあります。
・取引実績
・会社の財務状況
・資金の用途と返済プラン
・担保や保証人

特に取引実績。
もし借金を繰り上げ返済してしまうと取引がなくなります。
つまり、平時に実績を重ねることができず、緊急時に貸してもらえなくなります。

さらに西村社長は
自発的に毎月、会社の業績を透明度高く、細かく報告したということで、財務状況も用途も銀行に伝えるコミュニケーションを取っています。

資金調達は経営者の大仕事。
西村社長は素晴らしい経営者です。
この考え方は本当に大事だと思う。銀行を借入先ではなくパートナーとして付き合えるかどうか。

「銀行を、金融機能というより、信用補完というかたちで最大限利用させてもらっています。お金はそういう意味合いで借りてきました。銀行は我々にとって大切なパートナーなのです」
「日々のトレーニングをきちんと丁寧にやっていると、いざというときにすぐ体が動く。」
ホントこれ大事!だらだらしていると頭も体も反応遅いし、ミスを起こす。日頃からの鍛錬、共感します。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社 イモト(Imoto Sports Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置くスポーツ用品メーカーである。1946年創業。 ウィキペディア