新着Pick
999Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私たちは「生き残るものは変わることができるもの」とかダーウィンをもじって言ってみたり、イノベーションやトランスフォーメーションといった横文字をしたり顔で言って、危機を乗り切れなかった経営者の努力不足を責めたりします。
しかし実際に危機に直面して本当に変われる経営者や企業は少ないものです。

にしたんクリニックは私も利用したことがあり、非常にオペレーションがスムースで価格も安く感心しましたが、それがwifiレンタルのオペレーションを転用したものだとは想像できませんでした。

コロナでPCR検査の需要があるというのは誰でも考えつきそうですが、自社の強みだったものを、全く別の分野に転用するのは本当に自社を知り尽くし、マーケットをみている人にしかできません。

一人の中小企業経営者として、その発想と行動力に感服しました。
最近のNPオリジナル連載いいとこ見てるなぁ。
昨年秋頃から、にしたんクリニックのタクシー広告が急増してきて、調べたらイモトのwifiの会社でびっくりしたこと覚えてる。
エクスコムグローバル社長・西村誠司氏の連載を本日からスタートします。
---
エクスコムグローバルという社名は知らなくても、海外用Wi‐Fiレンタルサービス「イモトのWiFi」や、新型コロナウイルスPCR検査の「にしたんクリニック」なら聞いたことがあるという人は多いかもしれない。同社を25年前に創業したのが、西村誠司社長だ。

コロナ禍で海外旅行客は消え、海外用Wi-Fiレンタル事業は売り上げ98%減。瀕死の状態に陥るも、西村社長は新事業に活路を見いだし、わずか1年足らずでV字回復。存亡の危機を乗り越えた。

優れたマーケティングと経営センスがあれば、どのような環境にあっても成功に導ける。それを体現しているのが、西村社長だ。その不屈の精神はいかに磨かれてきたのか。今につながる西村社長の軌跡をたどる。(全7回)

■第1回 売り上げ98%減。瀕死から1年でV字回復
■第2回 銀行と良好な関係をどう築くか
■第3回 過酷な少年時代が今の私をつくった
■第4回 衝撃『ケインとアベル』が起業のきっかけ
■第5回 「あったらいいな」が事業のネタになる
■第6回 サービス名「イモト」に全役員が反対
■第7回 「1勝19敗」やってみなければ分からない
川の話は、少し違うバージョンを先週のEMBAのクラスで話したばかりです。学校では最短の道(=すごい経営者のやったこと)を教えるけれど、本当にあなたの強みはそれですかと。西村さんの場合は「規制業種がもうかる」と目をつけていたところが違うんだと思いますが、いきなり参入していたら溺れてしまった可能性もあるのではと感じました。
いやー!素晴らしいですね!
赤字の中、1億の投資をして新規事業を始める。
きっと多くの人から反対もされたと思います。

「自分を信じてリスクを取る」
経営者にとって重要なことですよね。
おー!
イモトのWi-Fi社長の西村さん、ずーっと気になっていたんですよね。

夏のレース&夏休みでヨーロッパに2-3週間滞在するときは必ず空港でイモトのWi-Fiをレンタルしています。

なぜかって、西村さんのことはよく存じあげませんでしたが、この穏やかな顔の表情がめちゃあったかいんですよ。会ってもいないのにファンになっちゃったというか。数あるオプションの中から選んでいる理由はそれだけです(笑)

今週のシゴテツ楽しみにしています♪
うーん、、

コロナに負けずに、会社をつぶさずになんとか生き残ったのは素晴らしいと思います。
しかし、通信業界の会社としては本業を工夫し、コロナに負けないように進化させ、通信周りの画期的なビジネスで成功したのであれば、「時代が急激に変わっても負けないぞ!」をみせてくれたとてもいい事例になってカッコよかったと思いますが、全く関係のない、その数ヶ月のホットビジネスをやりはじめて、売れるに決まってるものを売って儲かるというのはちょっと違うのではないかと思います。
売上を作ったのは事実ですが、かっこいいかというとそうではありません、、
「イモトのWiFi」→「にしたんクリニック」、気になっていました。すごいピポットですよね。取材をしたいと思っていたので、まずはシリーズを精読したいと思います。
自分が前回日本からシンガポールに帰る時に、PCR検査で家族3人分の英文証明書を発行してくれるところを探したら選択肢は多くなく、結局7万円以上払った。クリニックは大混雑でスタッフは皆素人で、随分と儲かりそうだと思ったのを覚えている。

ただ、PCRやったら儲かるなと思った人は星の数ほどいたと思うけど、こうやってリスク取ってやり切る実行力と胆力こそ重要というのを教えてくれる。一方、同じようにリスク取ってそのまま消えていった人もそれなりの数に上るだろう。マクロにはそれで良いけど、自分ごととして考えると震える。
すごいな。商売能力高すぎる。外部要因を言い訳にせず、自らを変化させることでV字回復。どの事業をやる上でも大事なポイントだと思います。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
株式会社 イモト(Imoto Sports Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市北区に本社を置くスポーツ用品メーカーである。1946年創業。 ウィキペディア