新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「極めて迅速に機動的に出す必要がある時期に来ている」のはワクチン接種も病床確保もみな同じ。そちらも同時に同じ強さで政府に要求して頂ければ、まん延防止措置に納得感を持つ向きが更に増えるのでは (・・? 
いろんな見方はあるのでしょうが、専門家が率先して病床確保とワクチン接種に向けて声を上げ注力しただろう米英は、あれだけ猖獗を極めながらついに”第4派”を抑え込み、経済活動再開に向けた体制を整え始めていますからね・・・ 我が国の”専門家”からそうした声がさして聞こえてこないことが不思議で仕方ありません。なぜなのでしょう (・・;
人気 Picker
第何波でも、まん防でも緊急事態宣言でも、
医療が逼迫していようといまいと、

各自がやることは同じで、

まだワクチンが行き渡っていない今は、各自が感染しないように気をつける。これに尽きます。

医療崩壊を防ぐために感染予防を、と聞きますが、
みんな自分の身を守るために感染予防しているのではないかと。

そういう本質的なメッセージを国が発信できるとよいのにな、と感じます。

嗅覚味覚障害残るかも、とか、
感染した時の周りへの影響を考えると、

少なくとも自分は感染しないようにできる限りの努力をしようと思う方が多いのではないかと。
国民や飲食店よりお仲間の医師会や医療機関に対して強いメッセージを発して頂けないものでしょうか。それとも、医療村には面と向かって発言できない何かがあるのでしょうか。
民間病院の徴用とコロナ病床の10倍増こそがあらゆる課題を解決します。コロナ病床の逼迫が懸念されていますが、分子が減らなければ分母を増やすしかない。算数です。
そろそろ大阪も陽性率下がって来てますけどね。医療関係者が騒ぎ出すと収まり始める傾向がありますね。今回もそうだと良いですね。そしてそれを反省して医療関係者の方は何の数字を使ってシミュレーションするかを、ちゃんと見直して頂きたい。誰も信じなくなってきています。
第何波かなど政治の表現でしかないと感じます。

いま、本当にフォーカスすべきことは何なのかを明確にできていないことが問題です。重症病床を増やすこと。コロナ病床を増やすこと。ホテルなど宿泊数を増やすこと。病院の経営支援を十分に手当てすること。同時に病院の体制を行政、医師会、病院が連携してシフトすること(コロナ専門病院を十分な数作ること)。などではないですか。だいぶ前から指摘されていることばかりです。それができていないから常に自転車操業状態になる。誰が総合的に旗を振るのですか。西村大臣なのですか。彼の言動からはそのオーラは全く感じいません。では誰なのですか。

そして、早晩ワクチンが効きにくい変異種が蔓延するでしょうから、その前にともかく感染者を激減するためにワクチンの接種を急ぐこと。ワクチンの輸入量に見合ったスループットを出すためのボトルネックを今すぐ解消すること(輸入された分だけ即接種できるようにあらゆる準備をすること)。注射ができる人すら確保できていないわけで、引退した資格のある人の確保なり、法律を変えて研修をすれば誰でも注射できるようにするとか、相当大胆な手を使わないとボトルネックは解消しないのでしょ。すぐやりましょうよ。ワクチンがどこかに滞る事態がすぐ起きますよ。

それが実現できないと、できることはStay homeだけの状態がずっと続きます。
来年いっぱいまで落ち着かないという分析も出てたと思うので、このままのペースだと第13波ぐらいまで行くんですかね。