新着Pick
50Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
時間は止まってはくれないので 今できることからベストな方法を。 状況は刻々と変わるので 諦めずに自分の希望を持ち続けて欲しい。 オンラインでの学びにも良い点がある一方 直接会っての交流や キャンパス以外の生活体験も留学飲み会醍醐味。
モチベーションを保ち続ける工夫を。
人気 Picker
メリケン大学では、秋学期にはin-personの準備をしている所が殆どなので、ビザは取りやすくなってるでしょうねぇ 元々ニホンは人数が少ないし、卒業後メリケンで就職するケースも少なく、同盟国なので background checkもミニマムのため、遅延はない方だとおもいます 例えば中国やイランの学生さん、とくにJ-1の場合は、今から始めても間に合うかどうか、という状況かと
現状のグローバルのワクチン接種の状況を鑑みると、英国と北米間の移動から再開しそうな気がします。留学もそうですがどうも国内の小中学校がリモートになりそうなのが気になります。

留学という観点における渡航は渡航先各国の入国の審査が事前にクリアであれば不可能ではないのかと個人的にはお見受けしますが、入国後の各国の教育機関においてもオンラインが一部の国を除いて継続されるかと思います。教育は今後の通信と技術を踏まえるとボーダレスで受講可能という新たな可能性もいかがなのかなと思いますし、couseraはそういった有事のデマンドにも対応出来ているのではないのかなと思います。