新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
データセンター単体での事業というより、不動産・REITを見据えたかたちではないだろうか?
米国のREIT市場を見ると、時価総額トップは携帯基地局の通信塔を運営するAmerican Towerで、時価総額11兆円。そして4位にデータセンターのEquinixが約6兆円でいる。なお、Equinixについては、2015年にビットアイルを買収(①)、2018年には三菱商事と約2000億円のデータセンター投資を発表している(②)。
オリックスは、記事にあるように事業・投資を着々と増やしていて、航空リースや再生エネルギーなどと併せて不動産もその一角。大京(ライオンズマンション)の完全子会社化などもその一角。
そのなかで、2018年には米国でデータセンターや通信基地の設置・保守などを行うNTI Connectを買収している(④)。こういった形でノウハウを蓄積して日本にもってくることも文脈にはあると思う。
https://newspicks.com/news/1147750
https://newspicks.com/news/2572092
https://newspicks.com/news/3413573
https://s.nikkei.com/3tlKz7O
これまでのとこれからのキーワードが記事の中にもあるようにデータセンターそのもの、再生可能エネルギー、事業領域の多様性、電力需要、通信需要に対応できる点はこれからの強みではないでしょうか。今後の展開が非常に楽しみです。
オフィスやホテルのREITより需要があって安定してそう。オリックスはこの辺りの商売センスがあると思います。
広い意味でこちらも貸出業⁉︎😳😆
オリックス株式会社(英語: ORIX Corporation)は、大阪府大阪市に本社を置く、日本の大手総合リース企業である。祖業であるリースをはじめ、不動産、銀行、クレジット、ベンチャーキャピタル、プロ野球球団(オリックス・バファローズ)など多くの事業を手掛けており、グループを通して多角的金融サービス業を提供している。 ウィキペディア
時価総額
2.32 兆円

業績