新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
過去に、リカレント教育について調査したことがあります。
ドイツなどでは産学連携がされており、例えば、1週間のうち2日学校に行って3日勤務する、3か月働いて1か月学校に行くなど、働きながら学べる制度があり、3年程度で職業試験資格を取得することで、次の就職に活かすことが出来るようになっています。

デンマークでは、リカレント教育だけではなく雇用制度・労働市場改革も併せて行っています。いわゆる「フレキシキュリティ」(雇用の柔軟性(フレキシビリティ)を担保しながら、同時に手厚い失業保障によって労働者の生活の安定(セキュリティ)を図る政策)と呼ばれるもので、
・解雇規制を緩和したり、雇用形態(正規・非正規)の移動を柔軟にすることで
・労働市場の流動性を高くし
・一方で、手厚いセーフティ―ネットと、職業教育プログラムを整備することで
・職を変わることへの心理的・物理的障壁を下げる
というものです。

個人的には、この産学だけではなく、産学官連携が重要かな、と思っているので、「週休3日にしたから後は、各社・各校でどうぞ」みたいにならないといいな、と思っています。


よく知られている話ですが、日本は社会に出てからの学習時間が世界の中でも、かなり少ない(一部の調査では、6分/日という結果も)と言われています。
もちろん個々人のマインドセットの問題もあると思うのですが、結構「終身雇用制度」による弊害の部分もあるのかと思っています。

「高いパフォーマンスを出さなくても解雇も降格もさせられない」という環境の中で、学び続けて、自分を向上させ続ける、というのはなかなかに意思が必要かと思っています。
(コンサルタントは自己学習が好きな人が多いですが、これは「毎回担当するクライアントの業界も職種も変わるから勉強しないと追いつけない」「常に新しいメソドロジーやテクノロジーを知っておかないとクライアントに価値を提供できない」という、ある意味常に追い込まれている状態なので、学び続けている感は無きにしもあらず、です…)

経団連が「終身雇用を前提にすることが限界になっている」としている中、そこに対する危機感は生まれていると思うので、では国として維持されなくなった雇用にどう対応していくのか、を考えていかないと理想論だけで終わってしまいそうな気がしているので、その点への対応に期待しています。
人気 Picker
学び直し支援なら、フランスのように学ぶことだけに使えるお金を定期的に支給し、労働者は自由にそのお金を使って長期休暇を取得して学び直せる権利を与えた方がいいと思います。
むしろ選択的週休は4日制まで認め、非正規労働者の正社員化を促した方がいいと思います。
個人はどんどん自分で活動を始めた方が良いと思います。変わる世界で、自分は通用するのか、生計をたてていけるのか、やりがいがあることができるのか、など、自分で深く考えて、すぐ行動するのが大事。このまま行くと支援体制ができるまで時間がかかるし、世界で通用しない人がたくさんできてしまう可能性が高いので。
週休3日、4日時代にはもはや兼業のほうが普通になって、単一の会社のみに勤務している人のことを「単業社員」と呼ぶようになるでしょう。
キャリアアップのためとの事ですが、実際は「ジョブ型雇用」を円滑にするための方法ではないでしょうか?

「ジョブ型雇用」だと、各人のスキルが陳腐化すると「学び直し」をして新たなスキルを習得する必要があります。

学び直して新たなジョブスキルを習得するためには、まとまった休日が有益です。

「ジョブ型雇用」は、欧州で実践されているように、従業員を低賃金のまま働かせることができるので、企業にとって都合の良い制度です。
強制的に週休3日にされて給料が減るのに、週5日働くことが強制される新しいブラック企業が誕生しそうな予感。

個人的には副業で身体動かす系(ubereats等)の仕事したいかな。仕事しつつ運動不足解消したい。
今の時点でも、業務がやめられなかったり、優先順位づけも十分できてなくて、1日1日切迫しながら業務進めている人がたくさんいる状況なのに…

お休み増やす議論の前に、業務をやめる意思決定とか明確な優先順位づけが行えるようにすること支援するのが先だと思うのは私だけでしょうか…

あと、ビジネス自体、もっと付加価値をあげていく方向にシフトしないとジリ貧な気もしています。

おそらく、それら含めた全体感の議論があってのこの話だとは思ってますが…
有給休暇より選択的週休3日の方が日本の風土文化に適合するでしょうね。もっとも、有給ではないため給与所得は減るかもですが。いずれにせよ、これはリカレント教育への追い風となります。
我々のような専門職大学院は少額給付金の支給対象ですので、時間に加えて一定の経済的支援も受けることができます。
渡英していた頃大学の講義に40代のお子さんがすでに独立されて学び直したいという方が結構いたのを覚えています。何のための学び直しなのか、国家にとって未来を見据えた投資は欧米においては結構前からなされています。教育に対する投資、ここが個人負担だけでなく、国が全面にバックアップされるのであれば一定の期間集中的に学び直し、またメンターがいれば新たなキャリアへ勇気を持って踏み出せる新たな局面も備えているのではないでしょうか。今後の動きが非常に気になります。
ライフシフトですね。個々人が学び直し、副業、キャリアアップ。本当にこの10年で大きく変わったと思います。