新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日のポカリのCMのエモさ、素晴らしかったですね。

この記事では、情報があふれる時代に、無機質で画一的なメッセージは届きづらくなっていること。企業コミュニケーションにおいても、正確性だけではなく、人の心に響き心を揺さぶる、発信側の人格までが伝わる温度感が求められていること。その軸となるのが、共感であることなどを前提としつつ、

博報堂/SIXクリエイティブ・ストラテジスト/UXデザイナーの藤平達之氏は、博報堂が2020年5月に実施した「ブランドへの期待に関する調査」をもとに、3つの変化を目指す必要があると指摘。

①No1⇒ONLY1(差別化からオリジナル化)
②:WHAT TO SAY⇒WHAT TO DO(メッセージからアクション)、
③SOCIAL GOOD⇒OUR GOOD(社会全体にいいことから私たちにいいこと)

ブランドらしさや、文化を軸とした「透明な資産」を見つめ直し、共感の先の共鳴、共振に目指すべき、としています。重要なことですね。

ちなみに、ここには出てこなかったと思いますが、ブランドや企業として「人格」を持つことがこれからに時代、とても大切になると思っています。