新着Pick

DX化の真の狙いはライフスタイルブランドへの変革にあり デザイン会社 ビートラックス: ブログ

DX化の真の狙いはライフスタイルブランドへの変革にあり デザイン会社 ビートラックス: ブログ
157Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
良い記事。
1. テクノロジー導入に囚われている
非IT企業に強くおきてる反応。一方でテクノロジーの導入は必要条件の一つに感じる。
情報伝達の速さ、正確さ、効率化を企業に浸透させないと事業へのテクノロジー反映についていけない可能性が高い。
別の側面としては「テクノロジーを受け入れる企業風土」を産む必要もあるので、テクノロジー導入に一定囚われるのは悪いことではない。

2.ソリューションにフォーカスしすぎ
特に非IT企業が事業にテクノロジーを完全に導入するのは簡単ではなく、事業根幹にいきなりテクノロジーをフィットさせるのは不可能に近い側面が強い。よって部分的に末端から、もしくは根幹の一部からフィットさせていく必要がある。これはソリューションにフォーカスする意思決定にやや近い。それが導入ハードルが低いから。
手段としてソリューションにフォーカスすることは悪では無いが、目的になると枝葉のイノベーションで終わる可能性が高い。

3.DXが目的になっている
これも非IT企業に多く、一定しょうがない側面でもあると思う。
テクノロジーに対する距離が遠すぎたせいで、DXという言葉が魔法の一手に思えている結果だと感じる。
企業のテクノロジーフィット、事業のテクノロジーフィットを行い、向こう数十年に渡り持続可能な事業・企業に生まれ変わることをDXと定義し、売上と企業土壌を再構築するのが目的であり、DXは手段・方法であると言う経営レイヤーの認識がマストだと思う。
記事内容の内、DXが進みにくい理由は納得出来ます。

ただ、DXが目的化するので、顧客視点でブランディング!はどうかと、、。もちろんブランディングの記事なのでしようがないですが。

DXが進みにくい理由には、いくつかあると思いますが、大きなものは2つかと感じます。

ひとつは、経営も従業員も「今、DXを進めないと、数年後、ヤバいかも」という危機感が不足してること。

もうひとつは、そもそも、【変えるべき業務や事業の在り方がまだまだ整理も見直しもすべきステージにある】会社も多い、ことかと思います。

トランスフォーメーションを辞書で調べると、変質、変形、変容などと出てきます。

「業務や事業の根本の【質】を変え、仕事の【形そのもの】を変え、そこから生まれる【内容】を変えないと、君らの仕事も、私達自身も、もちろん会社も数年後、生き残れるか分からない!」と経営に、従業員が言われたら考えるのは、「え、だって一昨年も昨年も大丈夫だったし、今年も先月も今まで通りで行けてるだろ、、」があるかと思います。

ボチボチ変えよう、もう少し経ったら変えよう、今までも行けたし、という先延ばし自体が、変質・変容と真逆のマインドセット、マインドスタンスなので、DXは進みません。

2つ目の、そもそも業務や事業の在り方を、見直し・整理出来ていない段階では、本質変革のDXは、そのずっと先ですから、まずはヒトや組織、仕事の整理・見直しと、情報の標準化と集約化をシステムで推進するところからが、道は長いですが着実なDXへの一歩です。

経営と従業員のVUCA時代への意識変化と、自身・自部署・自社の立ち位置把握も大事かと思います。
「日本企業のDX化が失敗する3つの理由」痛いところを疲れている企業は多いのではないでしょうか。DXという言葉だけが独り歩きしてしまっているところもあると思います。