新着Pick

「選択的週休3日制」の導入、諮問会議で議論へ…民間議員提案

読売新聞
政府の経済財政諮問会議(議長・菅首相)の民間議員は13日の会合で、「選択的週休3日制」の導入を求める。経済構造の変化に合わせ、人材への投資と成長分野への人材の移動を促すため、政府の支援拡大や経済界主導での教育プログラム
180Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
時間で従業員を管理するからこそできる概念のようにも感じます。時間ではない、例えば成果物で管理する働き方に価値観がシフトしつつある中で、どのようにとらえたらよいのか整理が必要に感じました。労働法等々に疎い私のような人はどこかスッキリしない感じが残ります。会社と従業員双方がWIN・WINになる新しい理解が必要ですね、
人気 Picker
労働を時間で測る規制からの脱却につながります。
大切なのは労働者の健康を守ることです。労働時間を管理することが目的化している現状を変えていく必要があります。

交替制勤務や身体的な疲労を伴う職種では、これまでとは異なる勤務形態を考える必要がありますが、そこでも最も重要なことは労働者の健康維持あります。

仕事の性質や職種によって、働き方を柔軟に設計できるようにすることが大切です。週休3日が生産性の向上と労働者の身体・精神の安全性につながるのであれば、採用できるようにすることが望ましいです。
このような流れが進むと、組織や人事がどのような働き方を期待して勤務環境を提供するのか、人事の手腕が強く問われるようになります。
週休3日制にする価値。

働きながら学べる、育児や介護と両立しやすいなど、環境整備により、仕事の価値創造や生産性も高まる。

本質的な価値を見失わず、議論してください。単に労働時間が短くなり仕事量が減るなど、表面的なことに目を奪われないように。
ちょうど、自由な時間ができた時にどうそれを活用するか、というコラムの原稿をドラフトしていたところでした。個人の自由と責任をよく考えて、自分にあったキャリアやライフスタイルをデザインする。週休3日になるのは時間がかかる可能性があるので、個人はトライアルとして、すぐGWから試してみたら良いと思います。
元々週休2日になったのも、松下幸之助が50年前に「1日休養、1日教養」と出した指針がきっかけです。週休3日も、その"1日"をどう使うかでその人それぞれの働き方は大きく変わりそうです。
いずれにしても選択肢が増えるのはいいこと。色んな事例が生まれることを望みます。
この20年の情報革命により効率化が進み
無駄な仕事が無くなって
可処分時間が増えたのは間違いないですね。
自分はどう生きていきたいか?を
考える良い機会かもしれません。
ちなみに私は次の未来のために
新しい事業を作りたいので、
引き続き経営者としてモリモリ働く予定です
政府の支援拡大や経済界主導での教育プログラムの整備であれば、フランスの職業訓練個人口座が参考になるでしょう。
これは、全就業者に国が教育だけに使える電子マネーを定期的に振り込み、それを就業者は自由に休みとってそのお金を使ってスキルアップできるというものです。
選択的週休3日制の導入は日本の雇用を根本から変える可能性がある。いよいよ時間管理からアウトプット管理への転換が必要になる。さすがに週休2日制の人と週休3日制の人の給与差を五分の一とするというような機械的な給与設定はできないだろうから。
休みが増えて遊ぶ人、学ぶ人、働く人がいるわけで、
能力格差やその先の経済格差の助長につながりそうですね。
ベンチャー、特にスタートアップにはチャンス到来と感じます。
大企業が休ませることに強制感をもたせる場合人材流出も起きるかもですし。
働き方の選択肢が広がれば生き方の選択肢も広がる。リモートワークやフレックスタイムなどともセットで導入が進むといいですね。
世の中は目まぐるしいスピードで変化していきます。その変化の中で自分はどう生きたいのか、それを考えるためにも時間は必要です。学び直して新たなスキルを手に入れ、自分をアップデートしていきたいのか、介護や育児など家族のためにもっと時間を使いたいのか、あるいはボランティア活動等、他の目的のための時間を持ちたいのか。

自分が本当はどう生きたいのか、人生を俯瞰して考える良い契機になるのではないでしょうか。