新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本質的な話をすると、そもそも金銭問題に関しての当事者は、小室圭さんの母親と元婚約者であり、小室圭さんが母親の扶養に入っていたのであれば、たとえそのお金が小室圭さんの学費に充てられていたとしても、小室圭さんは当事者ではないんですよね。

「親の借金だから子が返せ」と言うのは、あくまで親の資産を相続した場合の話で、親が存命中であれば例え失踪していたとしても、連帯保証人になっていない限り返済義務はありません。

と言う事を踏まえると、肝心の当事者の影が薄く、小室圭さんが矢面に立っている現状は、とても奇妙ですね。
人気 Picker
何だかなあ。この人はきっと本質的なことをわかっていないのだろうな。国民が皇室関連のあらゆることに暗黙理に期待しているのは「気品」や「良き伝統」「高い良識」であり、ノブレスオブリージュを理解しての振舞いだと思うのだが、この報道を見る限り、「オレは悪くないけど面倒だからカネは払ってもいいぜ」って、まるでタチの悪い成金かグレ者の解決方法じゃないですか、何だか本当に下品。
これだけ金銭に関するトラブル多い一族とは一般家庭でも関わりたくないのに、ましてや皇族の伴侶としては受け入れられないというのが大多数の国民の反応では。コロナの再拡大という国難に直面しているのに、結婚をゴリ押しする事に反発覚える人も多いだろう
小室圭さんの代理人が取材に応じました。金額の提示はしておらず、小室さんの母親の、元婚約者の代理人に対しては、小室さん側の「解決金」を支払うという提案は、伝えられているということです。
天皇陛下は「国家と、国民統合の象徴」です。
皇室は、それに準じる方々。

皇室は、長年にわたり国民に寄り添ってこられました。

「国民に寄り添う」

このキーワードこそが全てかと。


例えば、他人が、その時には「あげたものだよ。返済しなくていい。頑張りなさい、お祝いだよ」と多額の金銭的な援助をしてくれたとします。

何年か経って、自分が大人になり、「やっぱり返してもらえないかな」と言ってきた時に、

「いや、あれは貰ったものですよね。法的に返済する義務はないです」

と突っぱねて、揉めるというのは、

道義的にどうかと思うのが普通というか、「日本国民のあるべき姿」としてどうなのかな?

と多くの人が思っているというのはむしろ健全なことだと思います。

どうように、「私たちは皇室に生まれたくて生まれたわけじゃないんだから、誰と結婚したっていいでしょう? お金だっていらない!」という感覚が仮にあるのであれば、

これもまた「税金で暮らしてきた」という現実が重くのしかかり、
これまた国民に寄り添っていると言えるのかな?という疑問を抱かせるように思います。

とはいえ、心から安らげる方と苦労しながら好きな方と結婚するというのは大切にしたいですよね。
なんだ、こいつ?
こんな奴とよく結婚しようとするもんだ。
「小室さんは、文書を発表したことによって、「話し合いでの解決」を目指していたという方針を明らかにすることができたので、今後は「解決金」を支払うことで金銭トラブルを解決することにしたということです。」
イマイチ理解がしづらかったのですが、話し合いで解決することを公表できたので、次は問題になっている金銭面を金銭で解決するということですね。
結婚まで漕ぎ着けたらこの代理人にはどれだけの報酬が入ることになっているのか興味あるな。
まず、真っ当に仕事して身を立てるのがよいかと。相手が皇族とか関係なく当たり前のことだと思うけれど。
関連記事一覧
元婚約者側「戸惑っている」 突然の小室さん‟解決金提案”受けて反応
FNNプライムオンライン
22Picks

「解決策はガクだ」柴崎岳が代表戦で抜けたレガネスの問題点を現地メディアが指摘!「不在の穴は顕著だった」
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
3Picks

ご飯を炊いたときの困りごとを解決する、便利なおひつ2選
ギズモード・ジャパン
3Picks

「問題はほぼ解決した」ネイマールが去就問題に言及!バルサ復帰か、パリSG残留か
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「正直、問題だ」「2021年の解決策に」プレミア初得点から未出場の南野拓実。レッズ・ファンはクロップに不満!?
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

久保建英、後半から出場で現地メディア好評価「監督の有益な解決策に」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

「誰がそんなものを見たいんだ」過去にESLを猛烈批判のクロップ、現在も「考えは変わらない」。“内側”から解決模索
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

菅野智之がいる、いないにかかわらず 2021年の巨人が解決すべき“泣き所”とは【記録で12球団総括】
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

ACミランは「動きが鈍い」。絶好調から不調に陥ってしまった原因、問題解決に必要なものとは?【分析コラム】
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

「バカげた移籍金でやってきた」絶好調の遠藤航を独メディアがベタ褒め!「もし21歳なら大争奪戦が」
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks