新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
人権の押し売り

だから社民党は嫌われる
人気 Picker
この手の問題の解決は非常に難しいと改めて感じさせられます。
伊是名 夏子さんのブログを拝見させていただきましたが問題点の基準はご自身が「そう感じる」が論点になっているように感じます。

もちろん当事者なので「ご自身がそう感じた」ことの発信は重要ですが、コストがかかることに関しては双方の折衷が無ければ正常に物事は成り立ちません。

今回の一連の出来事の問題は「来宮駅がバリアフリーでないことの案内が不足していた」ことに全てが起因しているように思います。
案内が間違えていたことに対して、それを許容して別の対策を講じるのか、案内不足はサービス提供者の問題なので不足分のサービスを提供させるのかという二択があり、今回は当事者が後者を選んだことが世間の関心を集める結果になっています。

JRさんも今回のことを学びとして、「明確な案内」を設置されることを願います。
私の地元沿線にも無人駅が2つあり、1駅は数年前にバリアフリー化しました。当時、法への準拠とはいえ「よくこんな人も来ない駅まで完全対応したな」と感心したもの。もう片方の駅はまだ改修すら始まっていませんが、普段ほとんど降りる人もいないその駅に、いきなり旅行者が来て「バリアフリー化が出来てない。」と大声を上げて、メディアを呼び出しリークする姿を想像すると流石に少し行き過ぎに感じますし、JRに同情の声が上がる点も理解できます。

今回同じく車椅子生活をされている方々からの非難も多くあったという記事もありましたが、個人の不満や主張と総意の境目は受け手がきちんと精査しながら読み解いていかねばならないものだということを改めて考えさせられます。また、この件に関しては業界内の方々の声はほとんど聞かれません。"沈黙"の意味するところも、察すべき点かと思います。
障がいがある方が、健常者と同じように行動できるようになるのが好ましいことはわかる。
しかし、そのためにコストがかかる。
あるいは健常者の配慮が必要。
コストは無制限にかけられるわけでないし、健常者が無制限の配慮ができるわけでない。
「どこまでできるか」の問題。同時に、「どこまですべきか」の問題。
「感謝の言葉がない」という批判が出る背景にあるのは、障害者への配慮は「してあげる」もの、という意識があるように思います。この一件、伊是名さんとJR東それぞれへの賛否の反応にとどまらず、「私たちが作る必要がある社会とはどういう社会なのか」というところまで考えてみたいと思います。
JR支持。

事前連絡無しに無人駅でどうやって対応しろというのか。にも関わらず、結局柔軟な対応をした駅員は素晴らしい。たしかに理想は障がい者も自由に移動できること。ただ、現実は追いついていない。実現には時間もコストもかかることを障がい者自身が理解しないと、長期的には障がい者にマイナスになります
この事案、詳細をあまり知らないのでそこの是非はコメントしませんが、Twitterで大量の批判意見が出たり、嫌がらせ投稿をする人達がいるのは本当に如何なものかと思う。状況をきちんと把握して伊是名さん側を批判することは自由だが、空気にのって周りに流されて批判したり、過去の投稿を中傷するのは完全にいじめでしかない。そういう空気は全く好きになれない。特に過去の彼女がどうだったかはどうでもよく、双方の言い分と当時の状況だけを分析して、批判なり、意見なり言って欲しいなと願います。
4人で車椅子を運ぶのに、仮に遠慮するなと言われたとしても遠慮してしまう。それが良くない。気を使わなければならない社会は変えなければならない。不採算でもこの世の正義としてバリアフリーの施設整備をしなければならない。特別な親切の前に遠慮しないのは次善の策で、本来は遠慮のまったくないバリアフリーの施設だ。それが狙いだと思う。
素人ですが、この件に関して「正解」はないと考えます。

言い方を変えれば、それぞれの立場での「正解」がたくさんある。

つまり、当事者以外が、議論に参加しても、あまり意味がないのではないでしょうか?

こういったことに対して「正解はどれだ」と、当事者以外の人たちが議論してしまうことが、日本独特の文化ではないかと感じました。

「正解のないことで対立すること」は避けるべきだと感じたので、批判されること覚悟で書きました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.79 兆円

業績