新着Pick
861Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
アップルのハードの知見っていうのは言い過ぎだと思うけど、言いたいことはわかるし、ワクワクするのは確か。
人気 Picker
OSレイヤーではiphoneやMacとのデータ連動により、personalizeにおいて圧倒的な優位性をもつ可能性がある。車にのっかるキラーアプリケーションとサービスは、自動運転を見据えるとやはり音楽や動画、ゲームとなるのだろうか。
車に参入と言っても、製造キャパ、実現機能(走行距離)、買い替えサイクルを考えると、少なくとも参入当初は、ディーラーで一般的に流通する形ではなく、用途や販路を絞ったニッチを狙うのでは?という視点はなるほどと思いました
製造もそうですが、アフターメンテ網をどう築くのかが大きなハードルですね
個人的にイメージしているアップルカーとは全く違うイメージをキアラシ記者が想像していることが大変面白かった。アップルのビジネスモデルそのものを考えれば、自動車産業でも「プレミアム」で始まるのではないだろうか?プレミアムをオンラインでバンバン売る、だからこそ儲かる。スモールとかライドシェアはちょっと違うような気がするが?!
記事にアップルが注目しているのは「SCiB」と示されていることが興味深い。これはチタン酸リチウムを用いるLibであるが、アップルカーの自動運転「Project Titan」の語源となったものだと聞く。Titanと聞くとTitanic(タイタニック)のように海に深く沈むイメージが先に来る。。。日産もこのネーミングで大失敗。これは冗談。
記事からさらに考えを深めてみる。

①自社で製造しないことの、バリューチェーンの行きつく先は?
電子機器では、EMSやファンドリーが一定普及した状態でAppleが伸びた(もちろんAppleの成長がEMSなどをさらに成長させ、ビジネスモデルを確立させた)。一方、自動車で他社の車を製造するケースは、Appleのパートナーとしてたまに出てきたりソニーの自動車を製造したMagnaと、資本・業務提携を結んだ自動車メーカー同士(例えばトヨタとSUBARU)。
電子機器では、EMSの成長と併せ、従来製造を行っていた企業が工場を閉鎖したり、またEMS企業に売却。自動車ではTeslaのNUMMI買収やRivianの三菱自動車工場の取得がその文脈。一方、成功例が出てくると、工場売却に保守的になる側面と、先に売ったもん・業態転換したものがちという側面が出てくる。電子機器ではPhilipsは家電メーカー→ヘルスケアメーカーに2000年代前半からシフトし、家電はファブレス化を進めた。
でもそれは製品サイクルが自動車より短い電子機器で、20年以上かけて起きた変化。自動車だとどれくらいかかるのだろう?

②誰が売る・整備する?
記事にもあるが、自動車は製造だけでなく販売・整備が重要。一般的にこの重要性は軽視されていると感じる。iPhoneの場合はキャリアを活用できたが、自動車はそういう形態になっていない。都市部中心のモデルであれば自社で集中的に店舗を出せるが、ユーザーが都市部以外に行くことは制御できない…

③本当にソフトで稼げるの?
Appleの売上の8割は、依然ハード。サービスの利益率は高いとは思うが、Androidと比較した価格差などからハードで稼いでいる。iOSのアップデートにお金は払わないが、自分はソフトウェアで稼ぐには懐疑的。自動車と組み合わせるアプリがこれから増えるかもしれないが、既にスマホで同様のことをやっていたりする中で、スマホと自動車の単価差も踏まえれば、ハード・ソフト比率は自動車の方が圧倒的にハードが高くなると思う。

④シティコミューターはAppleとフィットするか?
iPhoneで「再定義」したように可能性はあるし、現実としてニーズが大きいと思う。ただAppleはブランド企業で、一種「不完全」な、用途特化したものを出してくるのだろうか?
アップルカーには空を飛ぶ車を期待しています。
自動運転は突発的な状況が限定的な空の方が有利です。
飛行機にも既に自動運転が実現されています。

ヘリコプターは動力源が重く、
プロペラを複数装着することが難しいですが
電気とモーターなら、プロペラを複数装着する
ことが可能です。プロペラを複数装着して、
ヘリコプターより空中コントロールが安全な
ドローン型の有人飛行車も可能になるわけです。
残りは安全性の担保と、空の交通路の整備です。

自動運転さえ実現すれば、Appleエコシステムで
走るiPhoneが実現できるでしょう。

もうAppleには空くらい飛んでもらわないと。
アップルユーザーにとっては、夢が膨らむレポートです。どんなスタイルで登場するか、乗り心地はどうか、コネクティッドカーとしてどんなサービスが提供されるのか、妄想が広がります。
アップルは東芝の電池に注目か、と。タイムリーな連載。シリーズ通して一気読み。
概ね頷ける予測。製造は手がけないだろう。
普通に調べられる情報から調べていくとLinkedinには多数のテスラ出身者がAppleに参画して製品開発をしていることがわかる。
昨日の特集ではアメリカのように土地が広く移動距離が長くなりがちな国では給油で乗車距離の稼げるガソリン車が強いという話がありました。
本記事で紹介されているウーリン・ミニのように「都市」に、あるいは「シェアリング」に特化することでEV車の弱点を無くせる。
先進的なブランドイメージの強いAppleとしてもまずは「長く安心して走れる」より「短いがリッチな時間を過ごせる」に重きを置くのは納得できます。
Car2goの進化型のようなシェアリングモデルに暮らしサービスを連動していくか、同様に小型モビリティ&ライフスタイルか。

iPhoneに先駆けた、iTuesにあたるサービスが何か(何が進化していくか)
が鍵のように思います。

普及、ビジネスモデル(高付加価値)、スケールX進化の視点で。
この連載について
ついにあのアップルが、自動車業界にやってきた。EVと自動運転を武器に、アップルカーは自動車業界を破壊し、新たな王者に君臨するのか。それとも、トヨタを中心とする既存メーカーが地位を守るのか。アップルとトヨタを中心に、未来の自動車ビジネスを読み解いていく。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
235 兆円

業績