新着Pick
624Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日の記事は、昨年のCESで初登場してから話題になり続けているソニーカーについて。開発責任者のインタビューをお届けします。車をつくったソニーが、「これから確実に、車の開発は変わると感じた」と断言したことが印象的でした。

ソニーカーの販売はないとしていますが、すでに自動運転の公道試験も始めており、本当に売らないのか、個人的にはまだ懐疑的です。来年あたりのCESで「量産することに決めた」という電撃発表があっても驚かないくらい、車に必要な機能は全て備わっています。
「可能性を感じてはいても、産業が変わる中で具体的にどの部分を我々が担えるのかは、わかりませんでした。だからそれを把握するためにも、まずは車というものを正しく理解する目的で、つくってみようと。」頭より手をまず動かして知見を得る発想はとてもいいと思いました。こうしたことに予算を振り向けられるという点でも、少し前のSONYとは違う風が吹いているように感じます。
記事でも指摘があるが、ソニーはスマホ向けイメージセンサーでは世界シェアナンバーワンだし、そのせいで向け先を分けなくてもイメージセンサーでは世界シェアトップだが、車載だけに絞ると、車載向けではシェアはOmnivisionやオンセミの後塵を拝している。これは車載向けとスマホ向けでは要求されている仕様が大きく異なるところから来ている。スマホ向けでは高画素だが、車載向けでは耐久性だったりする。ソニーはDensoなどと協業してシェアを伸ばそうとしている中で、このVision Sの話が出てきたのだろうと推測する。

ソニーは過去には欧米圏でカーナビ事業なども手掛けていたし、PND(パーソナルナビゲーションデバイス)を作っていた時期もあった。自動車向けで全く門外漢だったわけではないとは思う。
また、Appleの動向についてははぐらかしているが、実際にはイメージセンサーの流れで知りうる立場にはあるのではないか。
昨日のトヨタ前田CTOやカフナーCDOの記事(下記)と併せて読むと興味深い。作ることと顧客が求めるものを作ることの違いがある。ハードとソフトの比率が変わり、作り方やビジネスモデルが変わる可能性もある。でも、まだ自社でどこまでやるか含めて、各社とも色々模索中。
今まで自動車は部品含めてメインではなかったなかで、作ってみて分かることがある。その経験と現在起こっている変化の両輪で、色々なオプション検討している状況が窺える。
https://newspicks.com/news/5757627
https://newspicks.com/news/5757623
モノ作り企業として、自動車産業への敬意を込めた言葉がたくさんみられますね。その上で、参入するなら、やはりモノ作り企業としての知見を生かして、といった姿勢も感じられます。

参入領域をEVメインにするとしても、作り方を知っていて、実際に作れることの意義は大きい。実際、車を作らない立場である部品・システムメーカーも、Tier1になれば自動車メーカーと一緒に車作りの初期段階に関わるわけなので。また、サービス部分を厚くしていく上でも、新興企業がユーザー向けサービスに注力していくのに対して、自動車メーカー、ないし業界をサポートする位置づけのサービスを出していく、といったことができそうです。

>そうですね、うちはモノをつくるのが好きなんで。「うん、つくれるかな」みたいな、わりと軽い気持ちで始めました。
>可能性を感じてはいても、産業が変わる中で具体的にどの部分を我々が担えるのかは、わかりませんでした。
>たくさんの発見を得られることが、自前でやってみることの最大の価値なんですよね。僕が確信を持って「自動車のつくり方が変わる」と言えるのも、自分たちでやってみたからです。
>ITの技術、考え方の良い面を持ち寄って投入することで、これまでとは違うアプローチでつくれるんじゃないかと実感しています。
>車が電動化していく流れの中においては、ソニーの知見がいかせる。
家電メーカーの視点から車を捉えると、ユニークな発想の車ができそうです。乗り心地はその人に合わせてかえられるようにソフトで調整できるようにするとか。

自動車という概念を変えてしまうようなものが誕生するかもしれません。今の交通渋滞を解消できるストレスのないコネクティッドビークルのようなものが。
SONYの取り組みはすばらしいですね。

記事の中で「作ってみてわかった」とありますが、これが、やった人しか、わからないことです。

次のステップは「20年(10年でもいいですが)市場で使われた後、どうなるか見てみてわかった」という経験を得ることでしょうね。

これは、市場に出して、それだけの期間、実際に利用された後でしかわからないことで、この部分が、現状の自動車業界のみがもっている過去の宝物資産です。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
製造業から総合エンターテイメント企業への変身とともに、復活を成し遂げたソニー。次のステップとしては、新たな成長動力がほしいところです。車市場は、映像、音響、センサーなど、ソニーの強みを活かせるとともに、市場の成長性も充分に見込める領域です。

ソニーは車を作らないでしょう。
EV車の台頭により大きい参入障壁だったエンジンがなくなりましたが、安全面など、まだまた参入障壁は高いです。後発であるソニーは、車本体を直接製造しないからこそ、完成車での付加価値が必要です。残念ながら、現在のVISIONSは、完成車市場の競争を乗り越えるほどの付加価値はまだ見えません。

車には、家電よりも高い品質が求められ、製造ライン、修理センター、販売網等の構築にも莫大な資本が必要です。完成車市場は、競争も激化しているので、圧倒的な付加価値を持たずに参入するのはリスクが高いです。ソニーが得意とするセンサーや車載電装品を販売して、車載市場でシェアをあげることが現実的でしょう。VISIONSは、直接車を作ったからこそ分かる細部まで意識した車載電装品の提案に貢献できると思います。

それでもソニー車に期待する。
自動運転が実現した時、ソニーは圧倒的な存在感を出すことができます。総合エンターテイメント企業としてのコンテンツと、エレクトロニクス企業としてのテクノロジーとの融合です。センサー、映像、音響、ゲーム、映画、音楽。新しい車体験を提案できる要素は揃っています。センサーの販売等で、ソニーに車に関するナレッジが蓄積できた日、自動運転によるサービスありきの車に消費者ニーズが移った日、ソニーの強みが差別化された車体験を実現した暁には、ソニー車の誕生も夢ではない気がします。
その頃、自動車関係の人材を探されていたと思います。
結構、多くの人が気づいていたのでは。
一方、これからのモビリティの価値(社会や人々の暮らし様々な産業に対して)の変化と、EV、つながっていく仕組み・インフラ変化を考えると自然な方向と思います。また実際に業界構成が変わっていくにはまだ時間がかかるのでは。
(代謝速度を考えると)
あくまでテストでありつつ、実際に走る車を作り今後の可能性を感じているとのことで素晴らしい挑戦だと思います。また、短期間で作ってテストして、を繰り返すアジャイルモデルで組み上げた部分も素晴らしい。やはりこうした未知なる分野はまずやってみるという精神が大事なのだと感じました。
この連載について
ついにあのアップルが、自動車業界にやってきた。EVと自動運転を武器に、アップルカーは自動車業界を破壊し、新たな王者に君臨するのか。それとも、トヨタを中心とする既存メーカーが地位を守るのか。アップルとトヨタを中心に、未来の自動車ビジネスを読み解いていく。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
231 兆円

業績

業績