新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
かつては、労働者派遣法のネガティブリストに含まれる、看護士派遣は禁止されたいたが、その後改正され、大幅に緩和され、看護士派遣は違法ではなくなっていると理解していた。

確かに、ごく一部の類型で(医療機関外や介護施設外などへの派遣)で制限されているが、もっぱらそれは派遣者の権利保護のためだ。

ワクチン接種のための、短期の看護士派遣に賛成する人達はこうした事情を承知しているのだろうか?
高度資格者に相応しい処遇をするのだろうか(正規雇用でさえ薄給なのに)? アルバイト感覚の最低賃金?

資格の活用といった派遣斡旋業者の宣伝にごまかされないほうがよい。片手間での仕事などあるはずがない。

なにやら外国人研修生制度と同じ臭いがする。

コロナ感染対策だから緊急措置として認めるべきだという意見は、際限のない労働権の侵害に繋がるので論外!
日本には、国家総動員法や大政翼賛会による権利侵害の悪夢の経験がある。
看護士は道具ではない。
正社員の終身雇用制を維持するため不可欠な労働力の調整手段が高度経済成長の終焉と雇用規制の強化で失われて行く中で、必要悪として認められたのが労働者派遣等の非正規雇用の拡大です。必要な人材を必要な時に限って競争力のある賃金で雇える真の意味の同一労働同一賃金の流動的な雇用市場が機能していれば、厚労省が音頭を取って「過疎地域に限って認めている看護師の派遣を全国的に解禁するかどうか検討する」といったことはそもそも不要になるはずです。
行政機関に規制権限のあるところ、必ず利権の温床が生まれます。看護師派遣の拡充はコロナ禍の緊急事態でやむを得ないところでしょうが、当局と業界が一体となって利益を守る民間の医療機関がこうした非常時にどれほど機能しないか、今回の問題で多くの国民が悟ったんじゃないのかな・・・ 医療機関の在り方と雇用制度の在り方の両面で、仕組みを抜本的に変える必要があると、あらためて感じる昨今です ( 一一)
先日歯科医師による接種についても話題になりましたが、本記事にある看護師派遣の全国解禁は、より即効性の高い、効果的な施策と考えます。日本には看護師資格を持ちながら様々な理由で現場を離れている方々も多くいます。コロナワクチンの集団接種を加速させるために、協力をお願いすべき方々です。迅速な検討と政治決断を期待します。
必要な措置だと感じます。先日はワクチン注射を行える職種を拡大するというニュースもありましたが、看護婦さんの派遣も合わせて考えるとかなり解消できそうな気がします。ただ、看護婦さんはコロナの対応や既存の医療でも不足していると思いますので、どこまで派遣できるのか。
【ワクチン注射の職種拡大 政府、歯科医など検討】
https://newspicks.com/news/5737804
体制不足になるのは事前に分かっていたので、ワクチンが入ってくる前にやっといてくれよと言いたい。
是非現状で1番スムーズにワクチンが行き渡る方法を検討して欲しい。
けど俺もそもそも派遣システムはどうかと思ってる。
間を抜きすぎな事多いと思うし、聞いていてwin-win-winになってるケース多くないし。
すぐ無くすのは難しいだろうけど企業がもっと従業員に向き合ってやっていくためにも、お互いで求め合う為にも。
看護師を一人も確保できていない自治体が、過疎地域で9.4%、過疎地域以外で7.3%に上るとの事ですが、早急な処置がなされる事を祈念します。同時に派遣となる看護師の方々において、事前接種がなされ、派遣際の移動に伴う感染リスクが予め予防出来る体制である事も個人的には祈念しています。
コメント欄の通り。実効性のある施策なのか、訳わからん。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア