新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ミャンマー人は日本国内でも多く働いていて、なじみの飲食店にも働いている人がいます。日本にとっても身近な国であり、胸が痛みます。凄惨な弾圧をなんとか止めることはできないか。国際世論、国際社会の働きかけが不可欠です。選挙という非暴力の手段によって民主主義を維持することの尊さをかみしめます。
人気 Picker
バゴーは人口25万人ほどの都市で、古都として知られています。4月9日の未明、国軍に包囲されて掃討作戦が起きました。都市全体に砲撃をくわえるような作戦で、数千人の避難民が出ています。
 80人というのは、確認された死者の数です。「行方不明者」は200人以上います。バゴーの場合、インターネットの遮断が徹底しているのと、遺体は国軍が運び去ってしまうため、死亡の確認がとれないので、「行方不明」扱いになります。

ミャンマー治安部隊が迫撃砲で攻撃、包囲された抗議デモの82人死亡
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210410-OYT1T50271/

「雑草を取り除く」ミャンマー軍報道官 弾圧は正当だと主張
https://newspicks.com/news/5754152?ref=user_1125005
Yahooの記事ですが、なぜミャンマー軍が無慈悲に一般市民の弾圧ができるのか、が詳細にわかる記事はこちら

https://news.yahoo.co.jp/articles/a741052b8cc7369f02a1c38f9b7bea9a5d870859

ミャンマー軍は一体どこに向かってるんでしょうか。
ミャンマー国軍は「1時間で500人殺すことができるが、そうしていない」という開き直ったニュアンスの発言をしている。このままだともっと犠牲は増えていく。しかし国際社会は介入する力も権限も与えられていない。
「けが人の手当てをしようとしたボランティアの救助隊が近づくことも許さなかったということで、手当てを受けられなかった人たちが多量の出血で亡くなったということです。」

国民に選ばれて今の地位にいるという認識がゼロですよね。
こうなると、中国以外の外資を呼び寄せることはもはや不可能だと思います。その中国も、欧米との関係から、本当にミャンマーに投資を積極化させるかは分かりません。圧力には抗力が産まれますので、圧力一辺倒とはなりません。とはいえ、常軌を逸して来た感も否めません。
ミャンマーでは、国軍がデモ参加者らを相次いで銃撃するなどし、1日だけで、82人の市民がお亡くなりになったとのこと。

「軍や警察は路上に横たわる遺体や重傷を負った人たちを連れ去ったうえ、けが人の手当てをしようとしたボランティアの救助隊が近づくことも許さなかったということで、手当てを受けられなかった人たちが多量の出血で亡くなった」
心が痛みます。言葉もありません。
一番存在意義を発揮すべきときに中国やロシアのお陰で何もできない国連に対して、アメリカについで世界2位の負担率を強いられながら何も言えない日本国民はもっと声を上げるべきではないでしょうか。

そして内戦になれば共産独裁国家は北から、民主国家が南から武器を送り不毛な代理戦争へと発展します。世界平和は全ての国が民主化を遂げるか、民主国家側が介入しないと達成できないのではないでしょうか。
煮え切らない日本政府の対応も気になっていますが、今はミャンマーに残る日本人が心配です。

平時ならばバンコクへのフライトはかなり飛んでいますが、今は飛んでいないですよね。
陸路でタイに出られますが…
バゴーって弊社も以前拠点置いてましたが日本でいう京都みたいな文化財の多いところですよね。。。

現地の友人達の安全と、一刻も早い収束を望みます。。。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア