新着Pick
51Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
台湾統一をいままであまり重要視しなかった人も、これでは台湾の独立を促されて、真剣に考えていく。
台湾はまず日本に侵略され、戦後になってやっと中国に帰ってきた。
その後国共内戦によって大陸と違う行政をやっているが、台湾を統一していくと大陸は考えているし、台湾にいる国民党も長い間、大陸に反攻すると考えいている。中国は一つと同じ考えを持っている。
台湾統一の考えはこれによって戦後ずっと維持されている。
これについては多くの日本の若者はしらないのではないかと思う。
人気 Picker
今の台湾の方で、自分は中国人だと思っている人はいないでしょうね。
台湾という国には、なんとなくイスラエルのような結束の強さを感じます。この意味で、対立しつつもお互いに精神的依存心が強い朝鮮半島と違いを感じます。
→アメリカと上手くやっているのも、この辺りの違いかも

とは言え、台湾で市民が使うスーパーで買い物をすると分かりますが、かなりの消費財が中国製です。この意味で台湾の中国への依存度は決して低くないと思います。

煮え切らない政治が続く日本は、東アジアの難しい外交舵取り大丈夫かなと心配になります。
米国在台湾協会(AIT)が領事館に格上げされる日も近いか・・・
これ別に放っておいても今の関係が持続する事を前提にしたら刺激せず何もしないのが1番に決まっているので、何かしら香港に続いて具体的に政治的にも中国が影響力を高める為の行動に出る情報があるって事なんだろうな。
台湾も良いけどチベットの事も関係国とか影響力の高い国で集まってガツガツ話して欲しい。
少なくとも話さなきゃ行き着く先は本格的な内戦か戦争かしかないわけで。
台湾が同じ様な状況にならない為にも。
アメリカ国務省が、台湾との交流を拡大するため、新たな指針を発表。これについての中国の反発が心配です。