新着Pick
650Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
プレミアム感を出すナイキと、できるだけ多くの人にはいてもらいたいというアディダス。2社の戦略の違いがよくわかるレポートです。アディダスはESGで一歩先を行っていますね。

でも、人は欲深い生き物です。レアであればあるほど欲しくなる。古来から現代まで、そしてこれからもこの欲望は普遍です。
人気 Picker
スニーカーの「二次流通」サービスが相次いで資金調達を実施するなど、勢いを強めています。言ってしまえば「転売サイト」なのですが、StockXの「本物を適正な市場価格で売買できるプラットフォーム」というコピーは皮肉というか、言い得て妙と思ってしまいます。

僕自身、スニーカーが大好きで、あれもこれも欲しいのですが、足のサイズが32センチなので履けるサイズのレアスニーカーはそもそもほとんど売っておらず、なんとか我慢できているという感じです(苦笑)。
それでもたまに訪れるチャンスでレアスニーカーが当選すると、まんまとそれをSNSで報告して、ナイキの宣伝に加担してしまっていました。

今回は長年日本のスニーカーシーンを現場で見続けてきた重鎮ともいえる本明氏の目線による解説でしたが、上陸したばかりのStockXやスニダンなどのリセールプラットフォームが今後、日本で浸透していくのか、引き続き注目していきたいです。
スニーカーの需要に供給が追いついていないのは、日本では、想像しづらいのではないかと想像します。

「あるスニーカーが、アメリカを100とすると、日本に来るのはその60%で、インドネシアやシンガポールなどは35%くらいのイメージです。まだまだ需要に供給が追いついていない状態です。」

東南アジアでは裸足で歩く方も多いです。
加水分解って10年で起こるんですね、という基本的なことから学びになりました。
タイトルの「投資商品になりえるか」という点についてはなりえないと思います。
私もスニーカーが好きでたまに抽選に応募して買いますが、転売してもプレ値は良くて買値の倍程度。であれば一般的な株などの投資の方がよっぽどコスパが良い気がします。
個人が転売で動くのは手間が多すぎるしリスクも高い。

記事にある通り、金額が上がるのは、カッコいいとか機能性というよりプレミア感があるか、という点が大きいと思います。それを考えると事前の注目度はもとよりロット数にも左右されることから変動要素が大きく、投資にはなりえないと思います。
また転売で儲ける人が少しでも減るためにも、スニーカーで儲けるみたいな発想はなくしてほしい。。
にわかにマネーが動いているスニーカー市場について、日本で黎明期から携わってきた本明秀文さんに解説いただきました。「ソールの寿命は10年」というのは、言われてみればそのとおりなのですが、スニーカーを投資商品として考えている方には重要な指摘だと思います。
昔のAir Maxブームが懐かしい…
似たところではLEGOのマーケットプレイスであるBrickLinkもある。LEGOはABS樹脂で作られているので、加水分解せずラップ保存などはいらない。あと毎年モデルが変わるので、希少性という観点では類似性があるだろう。
個人的には、需要は分かるが、一方であまり好きなタイプのビジネスではないが…
パテック・フィリップのノーチラスが1600万になったりと(初値は200万程度)と高級時計は投資商品としての認知度がもう上がってしまった感ありますが、スニーカーも今後すごい市場になっていきそうですね。

<参考>ノーチラスの価格推移
https://kakaku.com/item/K0000333380/pricehistory/
メーカーがあえて生産量を制限し→バイヤーに値段を釣り上げさせ→SNSでプレミア感を出させてバズらせる。

中国のスニーカー熱は日本以上で、ファンの多くが若い子だから、スニーカービジネス面白いですよね
「っしゃあ当たった!」って今までは言いたかったけど、この記事読んで、たとえ当選しても「発信しなくていいや」って思うようになりました。(tweet挿入するタイミングが絶妙w)

本明さんのおっしゃる「投資にはなり得ないけど、投機にはなる」って言葉がすべてだなと。
プロモーションの一翼を自分も担って、ただ価格たけがべらぼうに高騰していくのは、やっぱりいびつだもん。

僕はスニーカーマニアではないですが、SNKRSで少し前に発売されたREADY MADEとのコラボがめちゃ欲しかったけど、当選しなくて、肩を落とすくらいにはスニーカーが好きです。

需要と価格のバランスがもう少しまっとうになってくれることが、スニーカー好きな人にとってハッピーなんじゃないでしょうか。
──昨年、日本に進出したアメリカの「StockX」や、「スニダン」などの国内向けリセールサイトも、ブームに貢献しているのでしょうか。
アメリカでは流行っているのかもしれませんが、日本ではなかなか厳しいのではないでしょうか。実はスニーカーを含めて、靴には27%も関税が乗るんですよ。

靴に27%の関税がかかるのは知らなかった。
ただ上記の文は含め、インタビュイーは国内市場に対して、悲観的だったことにすごく違和感
自分はスニーカーフリークではないので熱狂が生まれる理由が理解できませんが、すでに国内市場においてスニーカーダンクは圧倒的なユーザーを抱えている1強です(噂によるとサービスリリースから成長の勢いはメルカリを超えているようです)。調達資金はクーポン発行でユーザー獲得ってそのフェーズはもう終わっているはず。スニーカーダンクともう一社モノカブ、共にスニーカーを起点にオンラインでコレクティブ市場を確立すべくストリートウェアのユーザー獲得戦が始まっている認識です。