新着Pick
377Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベースではどの国でも経済発展に伴って現れる3段階
・①外資ブランド消費
・②国産ブランド消費
・③エシカル消費(いわば"地球消費")
があり、その中で
・中国はまさに②を迎えており、かつ
・いくつかの特殊要因で②が増幅されている
 (米中対立 / 政策的後押し / 教育 等)
と言う構造だと理解しています

「政治の話はしない」といっても、欧/米/日で進む③では
各企業はどうしても倫理/文化/社会に関わる価値観に
立場を表明せざるを得ないプレッシャーに晒されており、
中国において難しさに直面しているのだと思います

また、③の視点で(と信じたいが...)政治的な話題が
出てきた時も、(NewsPicksにいらっしゃるような方
とは違う)一般の中国消費者には「① vs. ②」の構造で
捉えられてしまっているようにも感じます

本当に難しいな...と思いますが、まずは上記のような
土台を冷静にNewsPicks上の皆さんとは共有したいです
(少しセンシティブなニュースが出たときに、真っ向
 から感情的にやり合うのではなく...見ていて悲しい)
またしっかり自分で出来うる範囲で事実関係を確認する
のも大事ですね

ちなみに、冒頭に関わるfactの1つとしては、昨年時点で
米国と中国の新興D2Cブランドベンチャーを並べると、
きれいに
 米国=③中心、中国=②中心
となっていました

ただ、中国の経済発展も力強く、消費観の成熟度も
増してきているため、近いうちにあっという間に③に
達するという(楽観?)シナリオもあるかもしれません
(それでもセンシティブな話題が出てしまうと衝突が
 あるでしょうが、捉えられ方は少し柔らかくなる??
 ここは多分に期待を込めて...)
「国潮」という中国語は、単に中国の国産であるという意味よりも、中国の伝統文化を取り入れたデザイン、という意味で使われてきたように思います。ファッションやアクセサリー、飲食、あるいは建築に中国の伝統文化を取り入れたデザインは、確かに着実に増えています。特に若い世代ほど。
 「国潮」の真骨頂は、中国産のゲームや音楽、アニメにこそあるでしょう。アニメはともかく、中国産のゲームは世界の市場で相当なシェアをおさえつつあります。いろいろやってみると、ゲームにこそ中国の伝統文化復興の最先端があると思えます。上海などで、国潮音楽フェスティバルというのが最近は開催されていますが、この潮流は、中国共産党の後押しするものと見ていいでしょう。
 「国潮」というのは、20年くらい前は、若い文化人とかの運動であったように見えました。明の時代の服を着たり、詩文にふけったり琴を奏でる変人、みたいなところがありました。しかし、どんどんカジュアル化して広まっていき、中国共産党も後押しするとことになった、といったところだと思います。
 中国共産党というのは、もともと、マルクス主義というヨーロッパの思想を輸入して、それを元に、中国を近代的な社会に改造しようとした人たちで、だからこそ文化大革命のような伝統文化の破壊が奨励されました。
 今や中国共産党の拠り所はマルクス主義ではなく、欧米の近代に合わせることを目標とは考えなくなりました。実のところ、中国共産党は自分探し中で、暗中模索を続けています。欧米の近代化と異なるモデルをつくりあげたら、それを輸出していくでしょうが、まだ見つけていません。
このムーブメントは長期化しそうな気がしており、外資にとっては風向きが良くないですね。

日本の生活者にとっても「国産ブランド」は各所で響くワードでありブランドになっているように思います。多くの日本人が「国産」から想起するのは、「高品質」「安心」といたキーワードかと思いますが、必ずしもその製品・サービスをよく理解した上で「高品質」「安心」と理解しているわけではないはず。いわゆる、"なんとなく"といった状態。むしろ"なんとなく"であるがゆえに、「国産」が長期に渡ってブランドとなり得ているのかと思います。

中国の「国潮(中国ブランドブーム)」も勃興期なのかもしれませんが、
これが時間とともに、もはや当初の政治的意義などは薄れて、「国産」自体がブランドとなると思います。そうなると、自ずと長期トレンドになるはず。
「国潮」というのはどの国でもあるので、外資系のブランドにとってはそれほど脅威に感じる必要はないと思います。むしろこれまで中国では、国内製品への不信、外資ブランド信仰が強すぎたくらいだったので、今の国潮は当然の流れと言えます。
政治的な問題による製品ボイコットは別個の問題です。

国潮のトレンドはあくまで限定的ですし、外資にはどうしようもないことです。
中国に展開している外資が考えなければならない問題は、中国国内ブランドの製品の品質、クリエイティブのレベルも格段に上がって、シンプルにコスパが良くなり、外資の製品に競争力がなくなってきていることです。

要因は色々ありますが、

①中国国内には、欧米日本向けに商品を生産して輸出しているレベルの高い工場が山ほどあるため、それなりの品質の良いものを作ろうと思ったら作れる
②国内生産のため、欧米日本レベルの商品を作ってもコストが圧倒的に安い
③一昔前まではパッケージなんかもめちゃくちゃダサかったが、最近は非常に気を使う国内メーカーも増えていて、日本のデザイン会社にクリエイティブやパッケージを依頼する企業も増えている。
④外資、特に日系ブランドは日本市場があるので、中国市場は様子見ながら投資をする企業が多いが、中国国内のブランドは国内が主戦場なので、マーケティングも、投資も国内に全振りできる。

ということで、外資系ブランドのメリットがなくなっていると感じています。

ここ数年の日本企業の中国市場での躍進は、日本製という魔法の言葉、インバウンド、爆買いに支えられた、いわば「日本潮」でした。
そのボーナスタイムが今止まった状態なので、良くも悪くも地力でマーケティングできる企業が生き残っていくのかなと思います。
「国潮」恐るべし。

「政治について話すのはやめませんか?」という最後の言葉は印象的です。
注目。
「世界の工場」と呼ばれた国の次のステージ。

「私たちはヨーロッパとアメリカの流行、日本と韓国の流行、アメリカのストリートウエアの流行、香港や台湾の流行を経験しました」
「そして今、中国の番がきたのかもしれない。中国企業が作る製品の質は大幅に改善された」
リーニンは、米中の覇権争いなどが開始される前から、中国語を活かしたデザインに取り組んでいる。日本語のデザインは、ちょっと面白い感じのデザインが多いが、リーニンのデザインはあくまでカッコいいスタイルを追求しているように感じる。
国民は小さい頃から愛国(党)教育を受けて、マスメディアも一つの声しか聞こえなく、こういう政治的な紛争があると煽られてしまいますね。
「国潮」をうまく利用している中国ブランドがいるものの、この熱狂はどこまで続くか注目です。いつかは冷めると思いますが。。

イデオロギーの対立により、政治にもビジネスにも世界の分断(中国と中国以外)が加速することを危惧しています。
中国は自国内のマーケットが大きいから自国内だけで世界規模の企業を養成できてしまう。これって物凄い事。自国版のfacebookやtwitter、Nikeやadidas、テスラやスタバをいつでも作り出せてしまう環境って強い。
政治について発言することを求められる海外ブランド、政治について話すことを避けられる中国ブランド
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。

業績

時価総額
70.8 兆円

業績