新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
事実ならこれは今までとは異なり一線を超えている。独禁法適用やIPO中止などは動機はともかく道理はある。しかしこれは次元が違う。極めて属人的で、アンチアントレプレナーシップで、個人攻撃的である。続報を待ちたい。
人気 Picker
凄い徹底ぶり。。
これまでは国や党との協調と協力で成長してきたのは間違いない。
そこから逆転、アントの一件から国や党を脅かす存在に対する制裁。
個人的には、これら一連の制裁によるアリババ経済圏の弱体化とバイトダンス経済圏の成長による今後の勢力図の変化に注目しています。
「俺が一番偉いんだ!」
という、習近平のジャックマーに対する嫉妬心でしょうか?
ビジネスでいくら成功しても、政治に敵いませんね。
中国で優秀な人材が公務員や政治家になるのは国を動かすのはビジネスではないとわかっているからだと思います。
ルールの中で戦うものとルールを作る側では戦いになりません。
中国はどこに行くのだろうか。

統制と資本主義の折り合いを付けながら成長を目指すんじゃないのか。こんなやり方を続けていくと、世界の中での孤立化がますます進んでしまうのではないか。優秀な人材の流出が加速化するのではないかと、思うのだが。

それを力で抑え続けられるのだろうか。とてもできないと思うのだが。
ひょんなことから「くまのプーさん」について調べました。シャツの色は赤色、ディズニーの中ではいわば「よそもの」で、人間のように行動する動物キャラクターでありながら、ディズニーキャラクターのなかでは例外的に(ミッキーのしているような)白い手袋をつけていない。

2006年には、「くまのプーさん」はハリウッドで殿堂(ウォーク・オブ・フェイム)入りを果たし、ハリウッド・スターたちの名が並ぶ大通りにその名が刻まれた。

そんなプーさんですが、何がお気に召さないのでしょうか。

あ、アリババの馬さんのビジネススクールの報道でしたね、大変失礼しました。
中国共産党のジャック・マーさん敵視は、ここまできたのか。
これ、実は裏ではジャックマーとも話しているのでは?

習近平からしても、ジャックマーを完全に邪険にすることはもはやできないはずで、双方で色んな牽制をしながらも、強調してやっていく必要があるでしょう

まぁ、習近平の方が高圧的にジャブを打っただけということかもしれませんが…
圧力が続きますね…
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績