新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
韓国内にあるイランの資産、7650億円という金額は大きな金額だから、この時期に韓国がイランに返却することが決まったのであれば、イラン、韓国、米国の3者の間で重要な「水面下の合意」があったことになる。韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相が4月11日、1泊3日の日程でイランを訪問するため、大統領専用機でソウル近郊の軍用空港を出発した。韓国の首相がイランを訪問するのは44年ぶりとのこと。韓国首相のイラン訪問がヤマだった。韓国とイランのやりとりには米国の「了承」があったはずだから、イラン核合意になんらかの進展があったはずだ。米国、イラン、韓国そしてイスラエルの動きから目を離せない。