新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
海外ユニクロの営業利益は25.9%増の6790億円で着地。新型コロナウィルスの影響からの立ち直りが早い中華圏(グレーターチャイナ)では防寒衣料やスポーツウエアの販売が伸びています。

全体の営業利益率は13.9%と2.7ポイント上昇。商品に付けたICタグから得られるデータをもとに需要予測を強化、売れ筋を的確に投入し値引きを抑えています。

会長の柳井さんは、「グローバルに展開するしか生きる道はない」としていて、中国を中心に出店攻勢を仕掛けていく予定です。
人気 Picker
日本とグレーターチャイナが牽引している形。日本ではリモートを追い風にしてECが伸び全体との効率性も良くなっている印象。中国は順調に伸びているようです。連結在庫が抑えられているところに、経営の好循環を感じました。
売上収益においては、今や国内よりも海外のユニクロの方が比率が大きいのですね。グレーターチャイナやベトナム、ロシアがかなり好調な模様。そしてEコマースが、日本のみならず各国で大きく伸びているようです。
以下は決算単信からの抜粋です。

[国内ユニクロ事業]
国内ユニクロ事業の当第2四半期連結累計期間の売上収益は4,925億円(前年同期比6.2%増)、営業利益は978億円(同36.6%増)と、増収、大幅な増益。既存店売上高は同5.6%増、またEコマース売上高は738億円(同40.5%増)と大幅な増収。売上総利益率は、販売が好調だったことに加え、値引き販売を抑制し、値引率が改善したこと、生産効率の改善で原価率が低下したことにより、50.7%と同2.9ポイント改善。売上高販管費率は31.0%と同1.4ポイント改善。

[海外ユニクロ事業]
海外ユニクロ事業の当第2四半期連結累計期間の売上収益は5,218億円(前年同期比3.6%減)、営業利益は670億円(同25.9%増)と、減収、大幅な増益。新型コロナの影響が大きかった欧米事業は販売に苦戦したが、東アジアでの事業は総じて好調。なお、Eコマース販売は、各国・各エリアで増収と、好調な販売を維持。
地域別では、グレーターチャイナは大幅な増収増益。韓国は引き続き厳しい環境にあり、大幅な減収となったが、売上総利益率、売上高販管費率が改善した結果、営業利益は前年同期の赤字から若干の黒字。その他アジア・オセアニア地区は新型コロナウイルス感染症による臨時休業や行動規制の影響があり、大幅な減収減益。ただし、ベトナムは、新型コロナの影響が小さく、ユニクロブランドへの人気も高いことから、上期を通して好調な販売となり、大幅増益。米国は店舗の臨時休業や入場規制、外出規制の影響を大きく受けたことで、大幅な減収となり、赤字幅拡大。欧州も店舗の臨時休業の影響を大きく受けたことで、大幅な減収減益。ただし、ロシアは店舗の臨時休業がなく、冬物商品の販売が好調だったことで、既存店売上高は2桁増収、営業利益は大幅な増益。
増益自体は昨年からの反動の範囲内。値下げ影響(=税抜き表示の撤回)の見極めはここからだと思います。この会社はもはや褒める人しかいないので、あえてのコメントです。
ユニクロ要するファストリ、第二四半期決算で通期予想を上方修正しています。

決算短信はこちら
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120210406490316.pdf
強い❗️