新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
肺移植には脳死状態の方の肺を移植する「脳死肺移植」と、元気な方(多くは家族や近親者)から肺の一部の提供を受けて行う「生体肺移植」があります。コロナ罹患後の肺に脳死肺移植は世界で数十例の報告がありますが、生体肺移植ははじめてとのことです。

コロナが重症化すると急性呼吸窮迫症候群(ARDS)と呼ばれる状態にしばしば陥り、肺の毛細血管から水が漏れ出て肺が水浸しになります。回復してくる過程で肺が線維化してしまい、ウイルスがいなくなった後も肺の機能が著しく低下するため肺移植が検討されます。

昨年9月までに行われた12例の脳死肺移植の報告でも、コロナに感染してから肺移植を受けるまでは平均79日となっており、長期間回復が見込めない場合の最後の手段として考えられています。
https://www.thelancet.com/journals/lanres/article/PIIS2213-2600(21)00077-1/fulltext
夫と息子の肺を一部生体移植…
そして全員経過良好…
すごすぎる。
条件はあれど生体移植がポピュラーになれば助かる命も増えるなと希望がもてるニュースでした。

ちなみに日本はアメリカや韓国に比べて圧倒的に移植が少ないです。2019年の日本の脳死肝移植は88例、生体肝移植は307例で、どちらも韓国(前者369例、後者1146例)の約4分の1程度です。
平均待機年数が1~2年で、腎臓に関しては約14年…。
移植が今より盛んになることを願います。
記事に詳しく書かれていますが、夫と息子の計2名から生体肺の一部を切り取って移植されたとのことです。日本では脳死からの提供者が少なく、脳死移植は期待できなかったのでしょう。技術力にも驚きますが、決断された家族の方も勇気が必要だったことでしょう。全員の回復をお祈り申し上げます。

生体肺移植とは
「2人の健康なご家族から、それぞれ肺の一部分をご提供いただいて移植する方法です。レシピエント(移植を受ける方)の両肺を取り出し、2人の健康なドナー(提供者)の右または左肺の一部を移植します。いただいた肺の一部分ずつの合計が、レシピエントの肺のおおよそ50%以上になることがひとつの目安」
とのことです。(日本移植学会のウエブサイトをもとに追記)

新型コロナ感染症は、当初より肺胞や血管内皮に石灰化を起こすことが報告されていました。このような病変が肺や腎臓、心血管系に起こった場合、一般的に(新型コロナウイルス感染症の後遺症では未検証ですが)、長期的に寿命に影響を及ぼしますので、個人的にはこれが怖いと思っており、できるだけ感染のリスクを下げるような行動をとりたいと思っています。
京大はもともと移植が盛んなので、京大だからこそ可能な治療ともいえ、どこの病院でも可能な治療ではありません。
生体移植をするということは、ほかに治療の選択肢がないということなので、移植が可能な状況でなければ助からなかったということです。

この報道は、COVID-19の新たな治療戦略としての希望というよりは、そこまで必要になりかねない、ということは、やはり感染しないことが一番重要、より一層の感染予防(ワクチンも含めて)を、ととらえて頂きたいと思います。
少し関連する情報を得たのですが、生体肺移植は本来の医療外の行為となり、健康な方にメスを入れる事になります。そのため、ドナーはレシピエントの血族または配偶者であること、となっています。ドナー手術にもリスクや合併症が伴います。また、ドナーは臓器提供手術後、肺活量が15〜20%低下します。一度切除した肺が元通りに大きくなることはありませんので、肺活量は生涯にわたって低下したままになります。

今回決断をされたご家族の強い絆をひしひしと感じます。と同時にやはり引き続き厳しい局面を迎える事が想定されますので、責任ある行動と冷静なスタンスは崩したくないですね。予防出来ることは最大限の注意を持ってワクチン接種のタイムラインを何とか縮めて頂きたいです。
そこまでの威力を持つのかという驚愕と同時に、それでも何とかしようと、生体肺移植という手段をとったことはとても驚嘆しました。

コロナは恐ろしく感染力が強く、また、人々が恐れるほどの死亡率を持たないところが嫌らしいですが、さらにいうと検証が難しい後遺症に少ない割合で、無視できない重大な症状を出してくるところがまさに悪意にまみれているような気がします。それこそ、まるで人類を狙って、人類がギリギリ恐れないように作られたウイルスかのように。スペイン風邪もそんなことを言われたりしてましたが。

なにより、医療方面では克服に向け、着実に進むことができています。ならば私たちができることはいち早く収束へ向かうための対策を確実にすることなんじゃないかと切実に思います。これまでに犠牲になられた方々や後遺症に今も悩まれている多くの方々のためにも。
肺は肝臓なんかと違って再生しにくいって医師に聞いたことがあります。
私は造血幹細胞移植を受けたのですが、自分の白血球が自分の身体を攻撃してしまう症状(GVHD)が起こるリスクを抱えています。肺は典型的にGVHDが起きやすい臓器らしいのですが、完治した今でも月一の検査では担当医は胸の音を聞きますし、年に一度、肺の検査を受けています。それだけ肺は一度痛むと元に戻らないためQOLが著しく損なわれるということのようです。
明るいニュース。順調な退院が期待されます。オリンピックの開催ではなく、このようなニュースが、人類がコロナに勝利した証になると思います。
すごいですね。こうしたことからみても、日本の医療は間違いなく世界トップレベルなんですけどね…。あとは重症化を防ぐ診断+治療薬ですね。
今後に向けた素晴らしい礎になるかもしれない話ですね
ありきたりですが、勇気を讃えたいですし、今後の術後のご健康をお祈りしております