新着Pick

米ツイッター、クラブハウス買収目指し協議 40億ドルで=報道

Reuters
[7日 ロイター] - 米ツイッターが音声会員制交流サイト(SNS)アプリの「クラブハウス」の買収に向けた協議を過去数カ月の間に行ったと、ブルームバーグが7日、関係筋の情報として報じた。
676Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
めっちゃよい
人気 Picker
戦略的に良い買収ではないかと感じました。

Twitterの技術(特にUIや表示のアルゴリズム等でしょうか)を使ってクラブハウスを大きく進化させることができる気がします。

Twitterは匿名メインということもあり現状は両者のコアユーザーは結構違うように感じています。Twitter民はクラブハウスをあまり好きで無い印象…笑

Twitterは実名メディアが喉から手が出るほど欲しいと思っている気がしていて(広告収益のため)、買収したとしてもFacebookの Instagram買収のように表立った統合はしないのではないでしょうか。
この数日TwitterによるclubhouseクローンのSpacesを使い倒してみているが、ようはUIは一緒でUXが全然異なる。理由は人数制限があり少数人数のルームしかないため、故に知り合い同士なのが前提。ただTwitter上で完結するのは悪くない。もしclubhouseを買収した場合は、徐々に、薄っすらと連携するGoogle/YouTube Facebook/Instagramのような経営方針になり、営業やデータ連携などでシナジー効かせる経営方針となるのでは。
価格は4千億円強、過剰流動性の今時だと高過ぎも安過ぎも感じないちょうど良い印象。
・ツイッターがクラブハウス買収を検討との報道
・ただ既に交渉は終了済み
・このロイター日本語記事に記載はないが、翻訳前の英語記事にはブルームバークが元だとソース記載あり
・ブルームバーク記事は「企業価値を約40億ドル(約4400億円)と見て話し合いを進めていたが、物別れに終わった。話し合いが失速した理由は不明。クラブハウスは同水準のバリュエーションで増資を検討中」と踏み込んで記載
・クラブハウスはまだ身売りせず独自路線を進むつもりのよう
・これはそもそもクラブハウス側のバリュエーションの正当性を訴えるためのリークでしょうか…?

報道のもととなったBloombergの記事はこちら
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-04-07/twitter-is-said-to-have-discussed-4-billion-clubhouse-takeover
2012年のFacebookによるInstagramの買収に似ているところがありますね。

・当時Instagramは売上ほぼゼロ (⇔クラブハウスもおそらく同様)
・当時のInstagram従業員はわずか13名 (⇔クラブハウスも2月時点で10名程度)

なお、FacebookによるInstagramの買収額は約10億ドルでした。

あれから8年。単純比較はもちろんできませんが、4倍もの価値がソーシャルメディアにつくように。流れの速さを思い知らされます。
音声サービスをTwitterも作ってこの4月にリリースすると言われていたのにあっさり買収ですか。コロナ禍だからこそ火がついたであろう実時間拘束性のある音声サービスがどこまで必要とされるのか、ボイスAIとの融合のような新たなサービスインタフェースになれるか楽しみです。
妥当な金額かな。今は落ち着いているとはいえ、熱狂はお金では買えないので。
現状ではclubhouse単独ではマネタイズできる見通しが立っていないように見える。とすると既にビジネスとして回っていて時価総額で10倍を超えるTwitterの一部門になるのも一つの方向性。これによって、clubhouse自体の事業としての持続可能性も見えてくる。Twitterとしても、clubhouseに潜在的な脅威を感じていたはずで、双方にとってwin-winの協議になるのではないか。
Facebook & Instagramのように
組んだ方が躍進するかもしれませんね。
でも、少しパンチ弱いかな。。
クラブハウスも、今のままではコンプラ面などで課題を抱えたままだったと思います。Instagram を初期から使っていますが、発射台としてのClubhouse の広がりはその比ではないように思い、Twitterとしては高くない”買い物”ではないでしょうか。
個人的にはTwitterと連動となるとclubhouseの企業価値も再認識されて、また既存の音声を中心としたプロダクトとクラウドの技術がTwitterの機能と連動するとますますTwitterの利用も面白くなりますね。よりクリエーターさんを中心に今後ますます独立した個人事業主の方のデジタルマーケティングのツールとして、またマネタイズ機能も付属するとユーザーがますます増えるのではないでしょうか。