新着Pick
863Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
投資銀行のプライムブローカレッジ担当者のモラルハザードが根本的な問題だったのではないかと。

ファンドが少数の銘柄に集中して投資していたら、いずれこんな事態が起こることは自然な話であり、投資銀行側がしっかりリスク管理しておかないといけない。おそらく投資銀行のプライムブローカレッジの担当者が、もしアルケゴスが破綻して自身が勤める投資銀行に巨額な損失が出たとしても、せいぜい自分はクビになるだけ。それよりも自身のボーナスを増やすために、アルケゴスと取引をして売買手数料収入を稼ぐことを優先し、ろくにリスク管理をしなかったのだろうと想像します。
人気 Picker
破綻までの全体像や、アルケゴスのビル・フワン氏の人となりなどがまとまっている。
3月22日のViacomの増資からの激変の時間軸が分かりやすい。まずは追証対応のため自社ポジションの整理、でも24日に資金が底をついた。そして①を見るとMSは25日に処分を始めていた。26日にGSの巨大ブロックトレードを行い、一部銘柄のその週の値動きと併せて週末に破綻したHFがあるのではないかという話題になっていた(②)。
時間と併せて、こうやって当該週に何が起こっていたかの解像度が上がる。大体3月末の③でコメントしていた通りの感じで答え合わせ的には良かった…
https://newspicks.com/news/5745672
https://newspicks.com/news/5719660
https://newspicks.com/news/5726001
まさに「ひとりGamestop」「B版Gamestop」という感じでしょうか
・空売り比率の高い銘柄を、複数の金融機関に呼びかけ
 総力結集、レバレッジ掛けて、踏み上げ相場に持ちこむ

空売りレポートの出ていたGSX(跟誰学)の株価が昨年上昇を続けていたのを不思議に見ていましたが、このアルケゴスショックでようやく合点がいきました
・「中国アフターコロナでAI教育の流れが来ている」
 という説明だけではどうも腑に落ちず...
・空売り銘柄を平均25%保有まで買い占めていたとは
野村證券をはじめ世界の投資銀行の姿勢が問われたアルケゴスショック。その舞台裏を報じたWSJのロングレポートです。

野村とクレディ・スイスによる提案と、それに応じなかったゴールドマンとモルガン・スタンレー。大量投げ売り直前までの生々しい様子が浮かび上がります。
レバレッジ取引の怖さがよくわかります。米国市場をにぎわせているロビンフーダーもレバレッジ取引に手を出している。いったん下降局面に突入すると、止めようがなくなる恐れがあります。

ビル・ホワン氏への神の試練はつづく。そしてそれに加担していた投資銀行も。
アメリカ上院の銀行委員会から「説明しなさい」という書簡が届くとか、野村HDやクレディスイスの人、どきどきだろうな。
どういう着地になるんだろ?
レバレッジと聞くともうネガティヴインパクトしか覚えがないのいのが個人的な印象です。現実との乖離はあるかと思いますが、予測や考えをAIにインプットしてあらゆる投資局面を覚えさせて、投資アドバイザーとして右腕になる事でリスクを抑えるという事も今後のフィンテックの枠組みの一つとして考えることは可能なのでしょうか。ウルフオブウォールストリートやウォール街のように確かにドラマや映画化するコンテンツは盛りだくさんの一連のストーリーですね。
プロの投資家の間では投資にレバレッジは付き物だが、そのレバレッジは投資家の体力の範囲を超えてはいけない。ただ、それをどうやって見極めるかは極めて難しい、というのが今回の教訓で、それはリーマンショックの教訓でもあった。
マーケット商品への投資におけるレバレッジリスクの管理は、実は不可能なのではないか、と思ったりする。
仮に、アルケゴスが破産となってもホワン氏は復活劇を直ぐに考え始めるような気がする⁉︎
『ファミリーオフィス』が悪いのではなく、ビル・フアン氏の投資スタイルが問題。あとはカネを簡単に貸してしまった金融機関。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。