新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リスク管理は、原子力発電所の事業に携わる企業においては、最も優先しなければならないことだったはずです。東日本大震災で原子力発電所が被害を受けたときも、想定されるリスクの管理に真摯に向き合わずに、国を揺るがす大惨事を引き起こした企業であるからこそ、リスク管理の重要性はわかっているはずだと思いたいのですが、全然だめなようです。

企業体質と言ってしまえばそれまでですが、第1に問題点をなぜ放置するのかが理解できません。原子力発電事業に携わる企業は、「リスク管理自体が非常に重要な仕事」だと思うのですが、違うのでしょうか? リスクはゼロにはできませんが、限りなくゼロにできないのであれば、原子力発電に携わる資格はないと思っています。

第2に隠ぺいが疑われていますが、こういう「安定した事業を行う企業」は「問題にならないことが何よりも仕事」だと勘違いしていないでしょうか? 隠ぺいは次の隠ぺいを生みます。課題の先送りを生んでしまいます。その間はリスクが高い状態のままで放置されます。「何が正しいかではなく、上がいうから無条件に従う」などというおかしな行動基準で動いているからこうなるのでしょう。

このようなパラダイム(組織の価値感)を有しているから、問題が繰り返されているように感じます。運転禁止は当然の処分だと思います。
「東電による自律的回復が望めないとすれば、設置許可取り消しになる」。規制委は本気で怒っています。当然です。常識を外れたずさんさと隠蔽体質。深刻です。テロリストに狙われなかったことを幸運とするしかありません。
東電は身から出た錆。これをきれいにできなければ、原発を運転する資格はない。
東電の改善に期待したいです。

現状として首都圏の電気は、東京湾に集中して存在する発電所に頼り過ぎています。これは、首都直下型地震が起きた際に停電が長期間に渡る危険性もあるということです。東電に原発の運営をさせるリスクもありますが、させないリスクも小さくないという認識が必要です。
もちろん、更田さんの発言は元々厳しめであるとはいえここまで言及されるとは「東電による自律的回復が望めないとすれば、設置許可取り消しになる」

また、テロ対策の不備を受けて社長らが報酬返納を表明しています。
柏崎刈羽原発 テロ対策不備など受け 東電社長ら報酬返納を表明(NHKニュース)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210407/k10012960791000.html