新着Pick
515Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東芝もCVCも、外交・防衛ラインが重要なことは分かっているだろう(昨日、下記初報で書いた点)。その意味で、そこのサウンディングがどうなっているのかが気になる。
あとは、逆にそれで外資に買われてはいけないという「世論」ができることによって、INCJなり国策ファンドで非上場化させにいく?必要なロジとか無視した単純な妄想シナリオだが、INCJなりが買いに行くには大義が必要だし、価格の正当性なども対抗馬がいるからでてくる(ただ実際の価格が正当かは…)。
https://newspicks.com/news/5745392

『その結果次第では、車谷氏ら東芝の経営者が2021年6月予定の株主総会でさらに追い込まれる可能性もある。つまり、アクティビストと対立する車谷氏にとっては、CVCの買収提案は助け船のような提案』
これはどうだろう?アクティビストの株主提案議案には会社として反対はしていた。でもそもそも株主構成は車谷氏がCEOとなる前にこうなっていて(増資は2017年12月、就任は2018年4月)、経営者としてものすごく難易度が高いということは分かっていたわけで。そのなかで、株主提案に対しての一種保身的なことを動機として非上場化を進めるようなことはないと思う。というのは歴史的に検証されるし、自分の出身元であることなど容易に邪推含めて出てくるわけで。であれば、元々東芝のような一種「面倒な経営」なんてそもそも引き受けない。
それに、たとえCVCによる買収が成立しても、CVCによる経営へのガバナンスはもちろんある。分散した株主の対応も難しいが、プロのPEが求める経営水準はピュアな合理性含めてもちろん極めて厳しいわけで。
英国投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズが東芝に対して買収の提案をしていることが明らかになりました。「ついに東芝が外資に買われる」のかと思えますが、東芝経営陣とアクティビストの対立の背景を知ると、別のストーリーが見えてきます。サッと分かるように情報を整理しました。

さらに、車谷社長にも直撃取材。短い一問一答ですが、前のめり感のある車谷社長の雰囲気が見えてきます。ぜひご覧下さい。
いやいや、非上場にするまでにしておきながら、経営に全くノータッチって、そんなことあるかいな。株主のことを何だと思っているのか?お金だけ出すボランティアか何かだと思ってる?

(以下記事より抜粋)
自民党の下村博文政調会長は4月7日の記者会見で、買収提案について「(CVCが)経営まで介入するなら日本政府として看過できない。経営に全くノータッチであるならば危惧する必要がないかもしれない」と発言。
CVCも、外資規制が入っているのは分かって、提案しているわけで、東芝メモリの時と同じ様に、このコンソーシアムには、INCJなどの日系ファンドが加わることで、外資規制を外し、ディールを進める準備があるものと考えています。
車谷社長には今度の件を進めたいインセンティブがあるから取材にも対応するんでしょうね。国防関連に手をつけられるのが嫌なんでしょうから、それ以外はバラバラにした方がうまくいく気がします
このニュース、最初はCVCが車谷さんの古巣だっていうから、計画的な買収なのか?と勘繰ってました。

2015の不正会計以降、海外アクティビストとの対立が深まり、今回のCVCの買収提案は渡に舟だったと。

「淡々と進めます」

多くを語れるわけない状況で、昨夜の車谷さんは、少なくともCVCの買収提案を「受ける気はない」などと否定はしなかった。
記事を読んで、このまま進んでいくんだろうなと感じましたが、いずれ政府がストップかけるんじゃないでしょうか。
2兆円ものカネを注ぎ込もうとしているのに経営にノータッチはあり得ないでしょう。やはり政治家は◯カなの?

【抜粋】
自民党の下村博文政調会長は4月7日の記者会見で、買収提案について「(CVCが)経営まで介入するなら日本政府として看過できない。経営に全くノータッチであるならば危惧する必要がないかもしれない」と発言。
一般にこの種の提案は具体的かつ実現可能性のある真摯な提案であれば、取締役会としては、その内容を真摯に検討する必要があると考えられており、「淡々と」というのは字面を見る限りは単に普通に検討しますよということを言っているだけのようにも思えるが、その実際の口ぶりから「前のめり」感が感じられたのであろうか。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.17 兆円

業績