新着Pick
91Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「排出大国の米国と中国が削減しないと解決しないという論調が根強い。これだけの被害を受けているのに、自然災害と排出削減をセットで考える議論にはつながっていない」とありますが、世界の二酸化炭素排出量の55%は人口が世界の43%の中国、米国、インド、ロシアが占めていて、日本の割合は3%程度にとどまります。欧州のように脱炭素を主導して自己の産業に有利なルールを世界に広める力があれば未だしも気合が入るにしても、GDP世界第3位とはいえかつて16%あった世界の中でのシェアが5.%まで下がった日本に残念ながら世界を主導する力は無さそうです。「自然災害の損害額、世界の3割を占める」と言われても、本当か?という疑いを抱く人の方が多いんじゃないのかな・・・ 
とはいえ世界の動きに取り残されて世界の貿易から締め出されたら、資源を輸入に頼る日本の成長は止まります。この問題、事実と状況を慎重に見極めて、ムードに流されることなく冷静に対処することが日本の未来のために肝要であるように感じます。
気候変動は災害の被害という形で人命や財産に損害をもたらすだけでなく、紛争や食糧不足の原因になるなど様々な形で私たちの存続を危うくする問題です。「意識が高い人たちのイシュー」ととらえているだけでは、私たちの明日は守れません。今月下旬には気候変動サミットも開かれます。この問題がいかに重大かの認識が多くの人に広まってほしいと願います。