新着Pick
653Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
久しぶりにNewspicksさんに取り上げて頂きました!

資金調達のプレスリリースを出させて頂いたのが、約2年前ほど。

https://newspicks.com/news/3967882/?utm_campaign=np_urlshare&utm_source=newspicks&invoker=np_urlshare_uid2024417&utm_medium=urlshare

当時はまだコメント欄に批判的な意見や辛辣なコメントが多かったのですが、今回の皆さんのコメントを見比べてみると少しづつ『傘のシェアリング』と言うものが市民権を得つつあるのかな?と嬉しく思います。

至らぬところもまだ多々ありますが、今後も雨の日のプラットフォームを目指した機能追加をたくさん用意しているので、ぜひ楽しみにしながらアイカサをご利用ください!
確かに中国では先に傘のシェアリングありました。
儲かるのかなぁ?とは思ってましたが…

こないだ初めてアイカサを使いました。
24時間以内に返せば70円。ですが、返せなかったので、240円払いました。これなら、儲かるかもですね?

それでも、500円でビニール傘を買う残念なような、罪悪感のような気持ちを持たずに済んでよかったかもです。

競合は、年々精度が高くなる天気予報と、年々軽くなる折り畳み傘?
味方は年々酷くなる温暖化影響の気候変動、ゲリラ豪雨、そして、人々の脱プラスチック意識の高まりでしょうか?
起業のキッカケの1つがNewsPicksだったというのにまず驚きました。「傘のシェアリングもあったらいいのに」とコメントして、即、それを実行してしまうという行動力がすごい。

社会の役に立ちたいという思いと、シェアリングビジネスへの関心が掛け算されて、やりたいことが決定。そこからの丸川社長の、金なし、コネなし、経験なしをものともしない行動力には驚きの連続でした。
営業も採用も、SNSのダイレクトメッセージを駆使、というのがオープンコミュニケーション時代の可能性を感じさせます。
シェアリングエコノミーの一つとして、傘をシェアリングは素晴らしいですね。いつも傘の使い捨て、我が家にもたくさんの使い捨て傘がありますが、雨のシチュエーションだけに使うのに、それが全ての人に依存して物が置かれている必要性は確かにないなと。家族が4人入れば、家族の数だけ家での傘の数も増えます。ゴミを無くし環境に配慮できる、そしてそれをやり遂げたくてなんでも試して見るといった強い信念、行動力、参考になります。また、こういうシェアリングできるはずの物がまだまだあることに、気付かされました。
このサービスって、安価という機能的な面だけじゃなく、無駄な傘を買わずに済んだという情緒的な面にポイントがあると思う。何回使えばペイするとかの次元でなくなれば、マーケットはグンと広がるのではないか。

傘を持っている人であっても、自分の傘を使うのは自宅から出る時雨が降ってる場合だけ。降ってなければ傘を持つ必要はなく、買う必要もない。
どう広がっていくのか、興味深い。
記事を読んでいて、NewsPicksがキッカケの一つとあり、とても嬉しくなる!
「あったらいいのにな」と「実際にやる」は全く違うし、「成功するまでやる」はさらに全く違う。本当にスゴイ(語彙力…)。

傘というところでのニッチトップは重要。一方で、当たり前だが、天気の影響を受けるだろう。その意味で、設置場所が似通っていて天気に左右されない事業でシェアリングといった観点ではモバイル充電器のシェアリングなどへの水平展開をされるのではないかと思っている。必要な時があるから持ち歩くけど、本当は持ち歩きたくないものという点で、傘とモバイル充電器は相似だと思う。
設置個所が続々と増え、利用の利便性も高まり、益々日常生活の中で存在感を帯びてきたアイカサ。これからも沢山の忘れ傘・放置傘を防いでいただくことに期待したいです。

初めは廃棄予定の傘を集めて使われていたが、その後利用者の衛生への懸念を踏まえて専用傘を作るようになったという部分が意外でした。(逆に、専用傘でビジネス拡大をしたが、環境意識の高まりを受けて中古傘の取り扱いへと拡大する方向と想像していたので。)
一方でやはり、廃棄傘大量発生地域を熟知したネットワーク力によって、中古傘回収網の構築も比較的行いやすいのではないかと想像します。いつか、中古傘の有効活用・循環のための何らかの仕組み構築ができると素敵ですね。(なお、アイカサはすでにジップロックリサイクル傘のシェアリングを初めています。)

【参考情報】
・世界で初めてビニール傘をつくったのは日本の傘メーカーであるが、現在日本で使用されているビニール傘の90%は中国製であり、輸送CO2をかけて輸入のうえ、非常に短いライフサイクルで捨てられている。(洋傘は年間で1億3千本消費されるが、このうち5千万本が出荷から1年以内に廃棄。)
・ビニール傘は、分別に非常に手間がかかり、接着剤も使われていることからリサイクルが困難。
「No Rain No Rainbow」というキャッチフレーズがとても印象的。行動力には頭がさがります。
5年前から少し高いけど、張替えもできる修理もできるビニール傘をかった。それ以降一度も使い捨て傘を買ってない。折りたたみ傘も持ってるので、この5年間で傘にお金を使った事は一度もない。

台風の時、駅前にゴミのように山積みになった使い捨て傘の光景を見た時、二度と使い捨て傘なんて買わないと思った。

傘のシェアリングは凄く良いと思うし、捨てられる傘も減ってるだろうから、どんどん広げて欲しい!
その先に良いものが、永く循環される仕組みがどんどん出来たらよいですね。
素晴らしいですね。アイカサ、目につくことが多くなってきて気になっていました。1人でここまで大きくするバイタリティにまず脱帽なのと、まずは出来ることから始めて投資家から多くのフィードバックをもらい事業に活かす、などその姿勢に学ぶことが多いと感じました。
この連載について
「ステークホルダー資本主義」が、注目されている。従業員、地域社会、取引先、株主と企業活動を支える多様な関係者(ステークホルダー)に、バランスよく配慮することを目指す。この考え方の浸透により、働き手は勤め先の経営が健全かをジャッジする審判役にもなる。すると、我々の仕事はどのように変わるのか? 識者とともに、新しい資本主義のあり方や、持続可能な働き方について考える。