新着Pick
1049Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksの特徴の1つは、スタッフが多様性に富むことです。本特集の企画アイデアが出た時も、「やりたい」と手を挙げてくれた記者の1人はインターンとして参加する高校3年生(当時)でした。Z世代の1人として、富への憧れと社会貢献への責任感に挟まれた「葛藤」があるからこそ、「資本主義の次」を探りたい、と。そこで、その山田記者に、ポスト資本主義本を読み込んでもらい、5冊に厳選。子どもの頃から多様性に富んだ考え方を持ち、社会問題への関心が高い世代を代表して、5冊の本を解釈してもらいました。
話題の本のハイライトをおさらいすると同時に、今後、組織や社会の主役となる世代の意識が伺える内容になっています。
この辺りの本、私も読みました。
思い返すと、2012年にマイケル・サンデル教授の白熱教室がブームのようになり、何となくその頃から資本主義の世界においても、「正しさとは?」という問いかけがなされ出した気がします。

ただ、その頃はまだ資本主義を前提とした枠組みの中での議論だったようにも思いますが、それから約10年が経ち、最近では資本主義そのものの在り方、持続性が問われています。

土の時代から風の時代、なんて言われていますが、200年続いた物質中心の時代からの変化が今、というタイミングなのでしょうか。
人の価値観の変化を、今回のコロナが更に加速させた感覚もあります。

資本主義の中心ともいえる、米国の大手企業200社ほどのCEOが参画する経営者団体であるビジネスラウンドテーブルが、1997年から続く「株主第一主義」を、2019年に「顧客・従業員・サプライヤー・地域社会そして株主という全てのステークホルダーの利益を考慮した経営にコミットする」という声明を出した事も大きな出来事だったと思います。


私がここ数年考えているのは、テクノロジーが進展し物事の判断が自動化されていく中で、もう一度哲学や倫理学(リベラルアーツ的な)が重視されるようになるのではないか、という事です。

人間として何を大切にし、何を判断軸とするのか、という点ですね。
それに正解は無いので、個人、各社の意思、哲学がより求められるという事です。
不確実な世界において、自社が意思を持って未来をこう捉え、未来をこうしていきたい、だから私たちはこういう事業を展開するのだ、という点が、これまで以上に重視されてくると思いますし、それが出来ない企業は生き残れないと思っています。
一番大切なのは、シンプルに「どうなりたいか?」と、なりたい自分の根底にある「どうありたいか?」の2つだけではと思います。

「どうありたいか」という問いは、日本の教育ではあまり重要視しない事ですが、実は一番大切な要素の一つ。日本は、being (あり方)よりdoing (すること)を重視してきた社会。私自身も「あり方」をしっかり意識し考えたのは40歳前後でしたが、あり方がクリアーになると「どうなりたいか?」がよりクリアーになっていき、やりたい事がより豊かになっていきます。

シンプルにやりたい事、なりたい自分への成長を続けていくと、この記事の答えは出てくると思います。
渋沢栄一の「論語と算盤」を彷彿させます。

そこでは、利益を稼ぐ、儲ける、それによって名声を勝ち取る、こうしたことそのものを否定していませんでした。
一方、それはあくまでも結果であって、富と名声を勝ち取るために「道」を外してはならない、と。

こうした考えは、今も昔も人間の心に根付いているんだなと、改めて思った次第です。
すばらしい選書ですね! ポスト資本主義、シン・資本主義、ステークホルダー資本主義、サステナブル資本主義などなど、呼称はいろいろありますが、コロナ禍を契機に、グレートリセットし、以前よりも良い形を目指すビルド・バック・ベター精神、ウェルビーイング追求型で、経営も生き方も見直したいですね。
Z世代の山田さんの非常に素直なコラムの内容そのものに共感を覚えます。

ミレニアル世代もZ世代も理解しにくいなんて言われたりしますが、前々期高齢者の私でさえ山田さんの「ポスト資本主義」に対する感じ方はほぼ同じです。わかり合える!と勇気をもらいました(笑)

資本主義の士官学校と言われてきたハーバードビジネススクール。要するに「ゼニの稼ぎ方」を教えてきたわけです。

「資本主義の再構築」の著者レベッカ・ヘンダーソン教授の講義は最初は不人気で教室はガラガラだったのに、今ではすっかり人気講義に。HBSへ学びに来た人でさえポスト資本主義を模索していることの何よりの証左でしょう。

外資系投資銀行の投資銀行本部という株主資本主義の最先端みたいなところで働いていた私ですが、行き過ぎた株主資本主義には辟易としていたものです。

ただ、私自身は、いたずらにそれを毛嫌いする必要もないと考えていて、ただ単に使い方を間違えていただけ、正しく使えばそれなりにいいものですよ、ということを伝えたいですね。

そんなステークホルダー資本主義のあり方をみんなで考えるNewSchoolのプロジェクトが来週金曜日からいよいよ始まりますよ♪
https://newschool.newspicks.com/overview43
編集部インターンの山田くんのコメントがどれもめちゃ素晴らしい。とても勉強になりました。18歳?そんなの関係ない、リスペクト。

斎藤幸平さんの『人新世の「資本論」』名著だと思います。
あと個人的には、長沼伸一郎さんの『現代経済学の直感的方法』も大変な名著だと思ってます。
18歳の視点、とても新鮮です。意識のギャップをどうコントロールするか。いまも悩みの連続です。
「いいことに素直に生きよう」というこの青年の清々しさはZ世代の専売特許ではない。資本主義の限界が見えつつある今、世代を越えてそう思う人が増えている、と僕は思うね。その一つ一つの小さな思いをリアルな変化に繋げるムードと仕掛けが必要で、これらの本にはその事例やヒントが色々とある。それらを試していくしかない。
近現代以前の人間の生き方、暮らし方、働き方という歴史を読み返して、今日を人間にとってどのような時代として認識するかの学びが必要だと思う。

社会は、人間の精神の習慣、価値観、社会構造の相互補完関係で安定して形成される。人間は、時代の精神、価値観を自己肯定的に受け入れて適応する。だから、観念として問題を認識できても、本質的にはわかり得ない。

本気で、近現代500年ぶりの社会改革を構想してみてはどうだろうか。
この連載について
「ステークホルダー資本主義」が、注目されている。従業員、地域社会、取引先、株主と企業活動を支える多様な関係者(ステークホルダー)に、バランスよく配慮することを目指す。この考え方の浸透により、働き手は勤め先の経営が健全かをジャッジする審判役にもなる。すると、我々の仕事はどのように変わるのか? 識者とともに、新しい資本主義のあり方や、持続可能な働き方について考える。