新着Pick
1394Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外に学ぶ前に、日本の中に活路はないか──。
言い換えると、難しいカタカナワードは置いといて、日本企業として、当たり前のことを当たり前にやることを、まずは考えるべきではないか。

その観点から、この10年、ずっと京都企業に注目してました。

京都企業が強いのは、
・独自性
・反骨精神(京都企業は絶対に本社を東京に移しません笑)

などなど、
数多くの要因があると思いますが、私が注目するのは「京都式コーポレート・ガバナンス(企業統治)」。

京都では、企業経営者が頻繁に交流することで知られています。

商いの道を外していないか?本業をおろそかにし、投機的なビジネスにいそしんでいないか?

交流を通じて、このように、経営者同士がジャッジし合っていると思えたからです。

こうした伝統や流儀は、ある面で「ルール」。
それが、経営者自身でセルフジャッジする「規律」を植え付けているのでは。

そうした問題意識(私のライフワークです)の下、「京都の企業はなぜ独創的で業績がいいのか」の著者でもある堀場厚さんに。京都流の「ステークホルダー経営」、「コーポレート・ガバナンス」、「利益の意味づけ」、そして「パーパス経営」について、おもしろおかしく語っていただきました。
「おもしろおかしく」という社是と、三方よしの考え、長く事業を続けることは「伊達じゃない」という堀場会長のお考えを聞いていると経営に必要な大切なもんが、おぼろげに見えてきます。

言うなれば、会社は南座のようなもんかもしれませんね。世の中から求められ、世の中に嫌われず、あの人やなきゃあかんとファンから思われるように、何世代にも渡り技を伝承していく集団のいる舞台。

そんな経営をしていれば客にも地域にも社員にも株主にも愛される会社になりそうですね
痛快な堀場製作所の堀場CEOのインタビューです。ほんまもんとはボロ儲けではなく長続き。良いものなんてそんなにないのだから、取引先は大事にする。そして、仲間が変だぞ思ったら、どないしたん?と声を上げる。長続きの神髄を見た気がする個人のキャリア形成にも応用できる重要なインタビューです。
京都にはなんとも表現しづらい美意識と気高さがある。
それは時に面倒で鼻につくこともあるのだけど、だからこそ生まれる責任感や、結果としての継続性(サスティナビリティ)に繋がる。

京都は閉鎖的だと言われる。よそ者には優しくないし、私も社会人駆け出しの頃、口座を開いてもらうまで本当に苦労した。
が、本当に閉鎖的なのか?

学生時代に4年間過ごした京都は、よそ者の私にとっても心から快適な場所だった。「学生さん」(京都人は親しみを込めてこう言う)と呼ばれては、店でもバイト先でも本当に良くしてもらった。
ちなみに京都市内の学生の数は当時の京都市の人口約100万人に対して20万人。実に2割を占めていた。
経済的にみても無視できない存在であったわけだが、それに加えて京都人が「学生さん」を厚遇したのは、彼らが未来の宝だという意識があったからだ。
街全体で、何十年も先に返ってくるかどうかわからない「投資」をしているわけだ。

多様性も然り。饅頭屋、着物屋、大手電子メーカー、運送屋、花札屋、パンツ屋…(どの表現がどの企業を指すかはご想像にお任せするが、京都ではこう言われていたりする笑)
実に多様な人や企業が混在しているわけだが、コラム内でもある通り序列を決めるのは規模ではなく、歴史なのだ。
継続することの難しさを知るからこそのリスペクト。だから、その企業が続く限り、序列は永遠に変わらない笑。

表面的な面倒臭さの裏に隠れた、一貫したこだわりと計画性。
そして揺るぎなく本質を貫き通す強さ。
歴史や文化と言ってしまえばそれまでなのだが、あらためて京都に学ぶことは多いと感じる。

そういえばしばらく行ってないな。
そうだ、京都行こう。
「輸入もんが嫌い」とおっしゃる堀場の売上高、社員数ともに海外が6割越え。リストに出てきた会社はいずれもグローバル。結局、京都経営といわれるものは「根っこ」がビジネスの本質に根差しているということで、はやりや最先端という枝葉に踊らされないことだと再認識しました。M&Aについても(けんかや恋愛もそうでかもしれませんが)、経験しないと「加減」がわからないというのは全くその通りと感じます。

営業利益率10%というのは単に製品が良いだけではなく、値付けがしっかりできていることの表れでしょう。三方よしというのは顧客や株主に媚びることではないというメッセージも受け取りました。
「三方よし」という考え方はi-modeをやっていた時にプラットフォーマーとしての原則として教えてもらった気がします。それを経営として実行するのはとても難しい。ほんまもんの経営者の方から日々学ばせて頂いています。パートナー企業さんに価値提供できるよう前進していきたいと思います。

”良いものというのは、世の中にそう多くは存在しません。ということは、ほんまもんを提供してくれる協力会社は限られているということです。このような協力会社は、単に部品を納めるだけでなく、当社に新しい技術やアイデアも提案してくれます。決して下請けではなく、俗にいう「パートナー」です。”
「どうしたん?」と声をかけ合うことが京都流のガバナンス、というのは非常に興味深いなと思いました。直接的なガバナンスでなくお互いウォッチし合って切磋琢磨するのは日本ならではです(フランスとかにもありそうな気もしますが)。

京都にはオーナー系の会社も多く長期的な視座で独自の価値観を持っていることもサステナブルで高い収益を生み出す経営に繋がっているのだろうなと思います。一攫千金ではなく着実に積み上げたものは簡単には崩れませんし、また崩れるかもしれないという危機感の持ち方も違うように思います。

コンサルタントをしていた頃に今回リストにあるような京都企業クライアントを担当していましたが、「あ、自分すごく見られているな」という経験が沢山ありました。直接的なクレームをせず、「なーんかちょっとちゃう気がするんですよねぇ…」みたいなコメントが多かったような記憶があります。

京都式経営と多様性はどう共存するのか?という視点でもう少し聞いてみたいな。ここが成長の肝な気がします。
地に根ざしたコミュニティが持続可能性の基盤となり、社員に尊厳を与えることで仕事がおもしろおかしくなり(=労働の喜びが生まれ)、それが究極を求めることにつながる、という京都ビジネスの論理は、ラグジュアリーを生むための論理とつながるなあと思いながら読みました。

「アメリカでぼろもうけした人は、寄付で罪滅ぼし」
「ほんまもんは、コストがかかる」
「どうしたん?」の声掛けによる京都の相互監視システムは社外取締役の役割を果たしていた
「京都に文明開化はない。東京は文明開化から脱していない」
など名言も連発で、とても「おもしろおかしく」読ませていただきました。
最近経営キーワードについて思っていたことの全てが書いてる。
コーポレートガバナンス=どしたん?
サステナビリティ=三方よし
パーパス経営=社是

今経営のキーワード、いや経営キラキラワード日本企業の根底にあるものばかり。あるものを実践せずキラキラワードの再定義に逃げちゃいかんと思っている。

言葉の再定義=PDCAのPに止まる=楽してるということ。
逃げず、実践主義でいたい。
「三方よし」は確かに近江商人の思想の一つだと思いますが、そもそも近江は京都ではなく滋賀だと思うのですが…
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%95%86%E4%BA%BA

記事内容の本質とは関係ないと思うのですが、妻が滋賀出身で少し調べたことがあったので、冒頭から違和感を感じてしまいました。
この連載について
「ステークホルダー資本主義」が、注目されている。従業員、地域社会、取引先、株主と企業活動を支える多様な関係者(ステークホルダー)に、バランスよく配慮することを目指す。この考え方の浸透により、働き手は勤め先の経営が健全かをジャッジする審判役にもなる。すると、我々の仕事はどのように変わるのか? 識者とともに、新しい資本主義のあり方や、持続可能な働き方について考える。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
7.14 兆円

業績

任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
8.13 兆円

業績

ワコール (英語: Wacoal) は、京都市に本社を置く、日本の衣料品メーカーである。事業の中心は、女性用下着販売。 ウィキペディア
時価総額
1,657 億円

業績

オムロン株式会社(英語: OMRON Corporation)は、京都府京都市に本社を置く、日本の大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.65 兆円

業績

株式会社島津製作所(しまづせいさくしょ、英語: Shimadzu Corporation)は、京都府京都市中京区に本社を置く、精密機器、計測器、医療機器、航空機器を製造する企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.15 兆円

業績

株式会社堀場製作所(ほりばせいさくしょ 英名:HORIBA, Ltd.)は、京都府京都市南区に本社を置く独立系の分析・計測機器大手。設立以来、分析・計測機器の総合メーカーとして、多彩な製品を世界各国に送りだしてきた。その分野は、自動車や半導体産業をはじめ新素材、エネルギー、鉄鋼、食品、バイオ、化学等々多岐にわたる。 ウィキペディア
時価総額
3,130 億円

業績

京セラ株式会社(きょうセラ)は、京都市伏見区に本社を置く電子部品、ファインセラミック部品、半導体部品、情報機器、通信機器、太陽電池、セラミック、宝飾、医療用製品などを製造する大手電子部品・電気機器メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.49 兆円

業績