新着Pick
756Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
おもしろく読んだ。必読
人気 Picker
キャシーさんのお子さんもZ世代で、ご自分が着る洋服のブランドの経営者が差別的な発言をして以来、購入をボイコットという出来事があったそう。こうした若い人の社会貢献への高い関心を、キャシーさんは「心強い」といいます。

そして若い人は、働く会社に、自身のキャリアを高めてくれるということに加えて、社会へのインパクトという視点を見るようになった。さらに、働き方についてもサステナブルであることを求め、心身ともに健康で、自分らしく活躍できる組織を求めているといいます。

こうした変化に伴い、経営のありかたやリーダーシップの方法も変えるべきで、サステナビリティと高収益は両立できるというメッセージには納得、共感しました。ビジネスパーソンはもとより、就活生にも是非、お読み頂きたい記事です。
前職では新卒研修の講師を2015年以降担当していたので
「若い世代がpurposeで会社を選ぶ」
という点は実感としてあります。

そしてそのpurposeは、世界をより良くする等、社会課題解決に向けたものに、より共感されていたと思います。

実際に、ある調査で企業の社会貢献度の高さが志望度に「とても影響した」「やや影響した」と答えた学生は、65.2%にも上ったといいます。

何故彼らがそう強く思うのか。
例えば、幼い頃に親が勤めていた会社がリーマンショックで倒産した、東日本大地震の被災地にボランティアに行った、大学時代の留学先で貧困を目の当たりにした等、私が聞いてきた理由は沢山ありますが、素晴らしいなと思うのは、それを他人事だと思わない彼らの感性です。

私たち世代でも存在していた社会課題ですが、何故若い世代の方がこんなにも敏感に感じられるのか。
もちろん、マズローの欲求的な考え方で、既に物質的に満たされておりより高次元な存在理由を求める、というのもあるかもしれませんが、理由の1つに
「リアルタイムに世界と繋がれる」
というのも大きいのかな、と思っています。

SNSを通して、日々発展途上国の現状などが傷ましい視覚情報とともに入ってきます。
しかも継続的に。どんな強い衝撃を受けたとしても一度きり、数年前に、では薄れていくものかもしれませんが、今はフォローしていれば毎日のように生々しい現状を知る事が出来る。
それが子供の頃からであれば、尚更価値観に与える影響は大きい気がします。

彼らにとって、バーチャルでもそれはどこか遠くの事ではなく、今この瞬間に起こっている事、という認知をされるのでしょうか。
他人事ではなく、自分ごととして捉えられるにしても、それを放っておかずに「解決していこう!」と思える次の世代には、本当に期待していますし、私たちは彼らが活躍出来る土壌を作る責任があると思っています。
キャシー松井さんの記事を読み『オーセンティック』
の正しい意味をしる。
本物とか本質、純というニュアンスで使うことが多いけど
『ありのまま』『らしさ』だ。

肌の色やジェンダー、価値観の違いを隠さずオーセンティックありのままにいること、発言や意見することに不安がなく心理的安全性が担保されていること。
らしさに基づくクリエイティビティ、イノベーションが起きていること。これがこれからの組織の健やかさだ。
Z世代に限らずどの年齢でも、今の会社員としての「理想のあり方」は、いかに会社のパーパスに共感できるかが鍵だと痛感します。

そして、共感にとどまらず、一人ひとりが会社のパーパスをいかに反映する行動をするかも、会社の成長のために欠かせない要素ですね。持続可能を求めるために。

さらに「透明性」は良いこと尽くし。会社が透明性を出すことで、従業員の意見も聞けて、さらに良いものが生まれます。
「子どもたちを見ていても、若い世代の価値観は、大きく変わったのを感じます。若者たちは、世界のリーダー、会社のリーダーたちが何を考え、どう発言するのかをよく見ています。小さな差別も見逃さず、許しません。そして、そうしたZ世代のエシカルな意識を心強く思っている」

以前、大先輩経営者の方から、「経営者は、全ての会話が録音されていて公開されても良いように振る舞わないといけない」とアドバイスを頂きました。

心根から真にエシカルな状態になれることがベストですし、目指すべきだとも思うのですが、まずは表出する発言や行動をしっかり意識していくころから始めないといけないということだと理解をしています。
ESGの推進で利益は出るのか、単なる社会貢献で終わるのではないか、という声をよく耳にします。

企業の存在意義とは何でしょう。顧客に喜ばれる商品やサービスで、顧客との長い継続的な関係を築くこと。顧客あっての企業です。

その顧客が環境破壊の影響を受けている。その顧客が社会を構成している。であれば、そこに企業として貢献するのは当然のことですよね。それによって、利益を上げさせてもらえます。
”我々古い世代にも、我々が作ってしまった問題を、どう解決していくのかが問われている”と思われている方の少なさが、日本においてなかなか環境経営やESG投資が進まなかった原因のひとつだと思います。
自分たちは、あと数年で上がり(定年)だからと思っている方の多さに愕然とします。
社会課題解決には、定年など全く関係ないのですが。
「改善余地を見つけたら、良くする提案をすること」
こうした動き方は、行動の「癖」のようなものだと思います。
本文では以下の2つが提案されています。
・自分がいる場所をよくする努力をする
・何か別の社会貢献活動をする
日本では、人と仕事の数の需給関係が変わり、かつての企業のほうが「いやならやめていいんだぞ」から「選んでいただく」側になりました。しかし、昔の力関係がそのまま反映された組織の仕組みや古いメンタリティの幹部がまだまだ残っていて、軋みが起こっています。

まさに、「選ばれる」会社にならないといけない、と思います。
「利益と持続可能性はゼロサムではない」この考え方は今後当たり前になっていくでしょう。
この連載について
「ステークホルダー資本主義」が、注目されている。従業員、地域社会、取引先、株主と企業活動を支える多様な関係者(ステークホルダー)に、バランスよく配慮することを目指す。この考え方の浸透により、働き手は勤め先の経営が健全かをジャッジする審判役にもなる。すると、我々の仕事はどのように変わるのか? 識者とともに、新しい資本主義のあり方や、持続可能な働き方について考える。