新着Pick
66Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンク出資のゴーパフは、ドアダッシュにどう挑むのか。

フードデリバリーサービスといえば、日本ではUbereatsや出前館が思いつきます。
一方、アメリカではドアダッシュというサービスがシェア50%を占めます。Ubereatsはというと23%になります。

さて、ゴーパフはこの市場にどう挑むのか。
特徴的なのは倉庫と在庫を持つモデルということ。
さらに、酒販売チェーンストアのベブモを買収してリアル店舗も持っています。

この競争がどういう結末になるのか注目です。
そして在庫モデルのフードデリバリーサービスが日本市場でいつ現れるかも楽しみですね。
ソフトバンクはドアダッシュの大株主。その競合のUber Eatsだけでなく、ゴーパフにも巨額の出資。伝統的なVCは競合には出資しないところが多いけど、孫さんはお構いなし。ここから聖地するマーケットに全バリ。これは素晴らしく合理的に投資戦略だと思う
ランチ/ディナーの出前ではなく、食品や日用品の宅配をベースにしたゴーパフ。酒屋チェーンの買収と酒販免許、みたいな話は日本のコンビニに通じるものがあったり。
パッと見、ドアダッシュなどが簡単に事業領域を拡げて、規模の経済で塗り替えられる、と見るか。酒販免許のようなリアルとリソースの保有というビジネスモデルに独自性を見出すか。
Instacartが圧倒的なように思える
その理由はNPの動画コンテンツですごくわかりやすく説明されていたのでおすすめです
https://newspicks.com/movie-series/14?movieId=636