新着Pick

中国が「大き過ぎてつぶせない」銀行の資本要件強化案-リスク抑制

Bloomberg
中国の金融監督当局はシステム上重要な国内銀行の資本要件を引き上げ、49兆ドル(約5420兆円)規模に上る業界のリスク抑制と安定維持を図る方針だ。
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SIB(システミックに重要な銀行)への上乗せ規制である「自己資本比率上乗せ」および「破綻処理のためのLiing Will作成」には、グローバルに実施されるG-SIB規制と、各国に多くが委ねられるD-SIB規制がありますが、これは後者に属するものですね。

以前、SIB規制を決めたバーゼル委およびFSBの部会で中国代表の方々ともご一緒しましたが、積極的に制度構築に貢献され、また、制度の細部まで熟知しておられたのが印象的でした。

G-SIB規制導入時、G-SIB(全世界で30行弱)に中国の銀行は含まれていませんでしたが、現在では4行を占めるに至っています。さらにD-SIB規制も設計通りに導入するとなると、実は、リーマンショック後のG20の思想に最も倣って規制を整備しているのは中国ともいえるように感じます。

中国当局からすれば、銀行部門の自己資本の重要性を意識し、その強化を図ると同時に、過度のリスクテイクにも歯止めをかけようということで、なかなか入念に考えられているとの印象を持ちました。
中国人民銀行と中国銀行保険監督管理委員会が2日公表した銀行の資本要件強化法案が示されたそうです