新着Pick
681Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
会社によって、オフィス中心の働き方に戻すか、リモートワークを継続させるか方針が二極化してきましたね。
この経営判断が、数年後の業績にボディーブローのようにジワジワ効いてきそうです。
どちらがいいか悪いかではなく、それぞれの会社に合った働き方は何か、そして業績を上げていくためには何を重視するのかということだと思います。
人気 Picker
Facebookも再開しますし、米国の大手テック企業はリモートワークからオフィスワークに戻っていくようです。

ソフトウェアサービスを運用するには、多種多様なスキルセットの人たちが、信頼関係に基づいて協調して働く必要があります。

物理的に一緒に働いて、食事や休憩、立ち話など、非公式を含めたコミュニケーションを行っていくことも、重要な関係性構築の手段です。

世界中で利用される水準のサービスがつくりたいのならば、一堂に会する働き方がベストであることは間違いないです。
結局元に戻る企業は多くあると思いますが、この一年全世界が経験したライフスタイルの代替案は、選択肢として積極的に残すべきだと思います。特に今後社会の中心となる若者は「企業の一員」でなく「個人」である事を望んでおり、トップダウンでなくネットワークで仕事をする世界においては、各自が自分のペースで自分のやり方で仕事ができる環境が求められると思います。

これまでの朝8時から夕方5時まで机に座り、プライバシーもなく監視されているような環境はもう人材を集めることは出来なくなり、リモートやオフィス環境も含めて多様な働き方を認める環境をつくれた企業が選ばれていくかと思います。

わかっていても確証がなく、中々前に進めなかったところ、去年一年は世界的な壮大な社会実験ができたと考えれば、今後システム変革しやすくなる経験だったかと思います。
Googleも新規オフィス開設投資を発表済み https://newspicks.com/news/5697411/ 当たり前だと思います。
アメリカの企業の多くは もともとフレックスタイム制度や在宅勤務が選択肢としてあり、 必ずしも全員が同時刻にオフィスにいる状態が普通ではない。
一方で オフィスの環境を整備して 社員が 来たいオフィスのを作ることにもねっしんだ。 それは いろいろな考えの社員が交わることによる効果を期待しているから、
Amazonのアナウンスはこの流れに戻ったものと考えられる。
最近Unionなどで色々話題になっているアマゾンですが、この辺りは背景と目的がもう一つはっきりしないと感じます。
個人的な感覚だと、リモートは個人メリットは大きいけれど、組織観点だと色々と弊害は発生している。問題はそれがなかなか個人には見えない点。会社の中にそういう分断を生み出している。
オフィス"中心"がどのようなものを計画しているのか興味深いです。
コミュニケーションの観点では、オフィスが場として果たす役割は大きいと誰もが実感していると思いますが、一方でオンラインの果たす役割も明らかになったのがこのコロナ禍。
日本とは通勤などの条件も異なるので、海外の事例を横目で見ながら日本、そして各社の取り組みがどう変化するかも注目したいと思います。
Amazonは「夏の間に」オフィス復帰を開始し、初秋までにほとんどの従業員をオフィス復帰させる予定。各社ディシジョンが分かれそうですね。
想定された動き。

「オフィス中心の文化を基準とする体制に復帰する計画だ」
「それによって当社は最も効率的に、ともに発明し、協調し、学ぶことができる」

メモに端的に書かれている通り、会社を最も効果的に動かし、より大きな価値を生み出すためには、今どのような体制をとることが望ましいかをしっかり考え抜いた末の判断だと受け止めている。

これは社員に向けた「社内メモ」なので、ポジショントークを含め、なんらかの複雑な意図がある外向けのメッセージのようなものではないはず。

約1年に及ぶ「実験」の結果としての数字や、社員の声などを集約し、真剣に議論した末の「これでいこう!」という方針がシンプルに示されているはずです。

リモートワークにももちろん良さはある。
ある種の「宿題」のように、それぞれが持ち帰って、自分の頭でしっかり考えて会社で提案したり、議論する材料を作るにはリモートワークは極めて効果的。ただし、「組織」が価値を生み出す場面は、その「議論」や、そこから生まれるある種の「化学反応」にあることが多い。
特に新しい何かをゼロから創造して、それをビジネスとして形にするには、その後半部分が果たす役割が圧倒的。

メモで「オフィス中心」と書かれていることの背景にはそうした認識があるのだろう。
議論を重視するという意味でいうと、私が教鞭をとる国内のいくつかの大学院では、「対面中心」で「議論を重視する」講義形式が来週から再開されます。

これから半年くらいのうちに、ワクチンの接種が進み、「行動様式」についての知見が蓄積するにつれ、先進的な企業や有力な大学・研究機関で、「オフィスや教室中心」で、「効果的範囲でオンラインを活用する」動きが、大きなトレンドになるはずです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績