新着Pick
356Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の半導体戦略が急激に動いています。
IDMからファブレスになると予想されたIntelは、
ファウンドリーへの進出を宣言しました。
地政学的リスクを減らすために、
アジアに集中している半導体の供給を
欧米に持ってくるというのも、
その理由の一つでした。

実際、半導体の供給は日本、台湾、韓国など、
アジアに集中しておりますが、
需要はGAFA等、アメリカに集中しています。

メモリー半導体では、Intelがメモリー半導体の
一部をSKハイニックスに売却しており、
米国国内企業のメモリー半導体の
競争力は弱くなっています。

バイデン大統領は、最先端分野のインフラ構築
などに、投資を約束しました。
米国政府からの大々的な支援が行われるとしたら
米国企業の攻撃的な投資に力がつき、
キオクシアの買収も不可能な話ではなくなります。

半導体は国の覇権を争う基幹産業であります。
日本産業の発展のためにも、危機感を持って、
賢い対応をしてほしいです。
記事には個人的には同意できない。
昨日コメントしたが、そもそもこの話が出ている背景は、Bainのエグジットの文脈だと思う。これまでもIPOをしようとしてきたが、市況悪化などできなかった。そのなかでIPOも見据えるが、キオクシアはNANDでのシェアがグローバルに一定ある中で、NAND事業に参入している各社にとっては買収する戦略的意義がある。複数社そう感じる会社があるので、そこで一定の値付けをできる可能性もある。
https://newspicks.com/news/5729989

では、現実論としてはどうか?財務的にはMicron、現在の資本関係性ではSK Hynix、物理的・歴史的な関係性ではWD。
記事にもあるようにWDは財務としては一番弱い(現預金だけ見てもどうかとは思うが、それ以外でも同様ではある)。MicronやHynixにとっては、3兆円としてEBITDAで2-4年分くらい。もちろん半導体は減価償却が極めて大きいビジネスではあるが、設備投資の代わりに買収をするという考え方もできる。
現実論としては、Micronがやはり有利だと思う。財務面が一つ、あとはエルピーダでの実績(むしろエルピーダがあったときに日本でNAND・DRAM連合を東芝からスピンオフして作れていればよかったのに)。経産省の考え方は影響してくるのではないかと思うし、米国は現在半導体に対して自国の競争力を上げたいという観点で、SK HynixよりはMicronというイメージ。
ちょっとわからなかったのは誰がどういう理由で売る話なのだろうか?
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
2.06 兆円

業績