新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分の死後に子孫が著作権管理を70年間もする手間を考えたら、企業に売ってしまった方がずっと楽だろう。
ちなみに、著作権法の専門の方に教えて欲しいんですが、個人が法人に著作権を譲渡した場合は著作権者法人著作権扱いになるのだろうか?それとも個人の権利を譲渡したとなるのかなぁ?法人著作権は公表してから70年、個人の場合は死後70年と期間が異なりますからね…
考え過ぎかもしれませんが、まさか往年の名曲を再評価する流れをコンテンツや音源権利を抑えて先回りする戦略?
角松敏生、杏里、竹内まりやなど80年代の楽曲が世界的に再評価され、ストリーミングやYouTubeなどで再生が伸びています。
どうもシティポップの再燃は偶発的なモノのようですが、もし再現性をある程度コントロールできるとしたら、凄いことですし、いまのソニーならそのくらいは考えててもおかしくない
著名シンガーソングライターのポール・サイモンさんが、これまでに発表した全作品の著作権をソニー・ミュージックパブリッシングに売却したそう。
「作品には「明日に架ける橋」や「時の流れに」といった往年のヒット曲も含まれる」