新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
勇気ある一歩を踏み出されたな、と感じました。実施までには相当な検討があったはずで、今の時代にSNSに自由に記述、しかも上長の許諾無しで、実名でなくても、、となれば、当然現場の生々しい声があふれることは想像に難くありません。

それでも現状から逃げずに、文科省が率先してその声を受け止めることで、教育現場で起こっているリアルを世間一般、教員を目指そうとしている方に
理解を深めてもらうことは、改革を推進するうえで不可欠な一歩だと踏み切られたのだと思います。

改革のみならず、何かに向かおうとしているとき「現状把握」をするのは鉄則。ダイエットなら今の体重、体脂肪、筋肉量を目を背けずに知ることからですし、現在地点があいまいでは行き先を示すナビも機能しません。

今回の#教師のバトン、この先に成功事例や参考情報が行き交い、前向きなプロジェクトになることを願っていますし、注視していきたいと思います。
文科省担当の皆様にエールを送ります。
人気 Picker
文科省がこういうインタビューに答えたり、きちんとネットの声を受け止めていることは大きな第一歩。
今回の炎上をきっかけに変革が進むことを願いますし、ここで止まらないよう世論の後押しが大事です。

こちらの記事も参考になれば幸いです。

「# 教師のバトン」プロジェクトの炎上は学校が変わる大きな契機になる
https://note.com/sanu0822/n/n4e6b3313b043
基本的に教師にはすごく真面目な方が多くて、とにかくたくさんの事をやらなければならないと考えてしまう結果、長時間労働等の問題に繋がってしまうのだと思います。真面目なのは悪いことではないですが、教師の仕事は子ども達を肉体的にも精神的にも知的にも成長させる事であって、それに直接関わらない仕事には殆ど意味がないです。
記事の中にあるように、これを機に文科省が『やらなくてもいいこと』を明確に示すと、一気に現場の働き方改革は進むはずです。何が子ども達の成長に繋がる仕事で何がそうではないのか。子どもの未来をさらに輝かせるためにも、教師の能力を十分に発揮してもらうためにも、その点を早急に明らかにして、法改正等の根本的な改善策に繋げてほしいです。
SNSのパワーを感じました。表現の自由がもたらすインパクトは大きいなと思います。ただ、わざわざつぶやくことにもエネルギーが必要なので、負の感情をもっている人のほうがアクションに繋がりやすいという特性もあるのかなと思います。とはいえ、労働環境として良いということはないのが実態だと思うので、これを機に改善が進むとよいですね。

---
働き方改革やICT(情報通信技術)を活用した新しい教育の実践例などを現職の教師に紹介してもらおうと、Twitterとnoteで投稿を募った。教職を目指す学生や社会人に、教師たちの前向きな姿を伝える狙いがあった。

しかし、いざスタートすると「残業代が出ない」「企業に就職することをお勧めします」など現場の苦労を訴える声が多く寄せられた。
目安箱になるのは良いですが、それは中のコミュニティでやればいいのでは。教師のネットワークをそもそもオンライン化することから始めてもいいんじゃないですかね。オープンであることと、悪口垂れ流すことは違う。
前進だとは思う。しかし文科省側からは具体案や期限は皆無。「しっかりと」「知恵を絞って」なんて事実上のゼロ回答ですから