新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見出しよりポジティブな内容が書かれている。一方で、本当か、と思う部分がある。本当であると良いのだが…
『1カ月以内としていた生産再開の「確実性が高まっている」ことを明らかにした。』
『すでにラインに乗っていた作業中のウエハーは、4分の3程度が使用可能と説明した。クリーンルームの復旧は「当初想定より少し前倒しで進んでいる」(柴田社長)という。交換が必要な製造装置は4月中旬から順次、設置が始まる。』
半導体そのものが足りてないのはもちろん、今年は製造装置も、需要に供給が追い付かなくなるのでは...

特に台湾のジャイアント、TSMCの過去最大となる3兆円の設備投資をはじめ、世界の半導体製造企業が装置を大量に調達しているので、装置もひっ迫する可能性があります。

そうなると、今回、ルネサスが損傷した装置の新たに調達するにしても、その納期に影響するのではないかと懸念しています。
少ない量での生産は約1ヶ月、たぶん半年弱で火災前の水準といった感じが現実的に思います。

繰り返し書きますが、焦って復旧して、二次災害につながることが最悪なので、それだけは避けなければなりません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
急激な生産回復がなかなか難しい背景にはそもそも生産工程自体が需要に臨機応変に対応できない事情があります。

コロナ禍でいったん需要が減少した車載用半導体の生産ラインでの生産を裁可して最終製品を作り上げるには3〜4ヶ月の時間が必要と言われています。
そもそも半導体5〜600の生産工程に別れていて、LINEが生産できる状態であっても投入した原料が最終製品となるまで1〜2ヶ月の時間を要します。
ルネサス エレクトロニクス株式会社(英語: Renesas Electronics Corporation)は、東京都江東区に本社、川崎市中原区に本店を置く大手半導体メーカー。三菱電機および日立製作所から分社化していたルネサステクノロジと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって、2010年(平成22年)4月に設立された。 ウィキペディア
時価総額
2.23 兆円

業績