新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ関連を含むアメリカの2020年の雇用喪失はおよそ940万人。
数の多寡ではかることができない事柄ではありますが、明らかに諸外国よりも日本のダメージは少ない現実があります。

他国との比較において日本のコロナ対策は十分な成功を収めているものの、国内では批判の嵐。何か現実を見誤っている気がしてなりません。
人気 Picker
短期間で終わると思えばこそ手持ち資金を減らし借り入れで運転資金を賄い雇用調整助成金を受け取って雇用維持に努めて来た企業も、赤字が長引けば資金繰りに行き詰り、諦め感も出て来ます。グローバルダイニングの社長の言ではないですが、飲食店等を中心に、雇用吸収力の大きな企業ほど固定費が高くて苦しい状況が続いています。新型コロナ禍が始まって早や1年以上が経ちました。ところがお上は時短要請を繰り返すばかりで先行きの見通しが立ちません。
当初に借り入れた資金の返済もそろそろ始まるはずで、耐えかねた企業が高止まりしている社内失業者の整理に手を付ければ「新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止め」が加速するのは想像に難くありません。
政府と都道府県知事がワクチン接種や病床確保など活動再開に向け手段を尽くし、自分たちに寄添ってくれていると信じられれば未だしも我慢が効くかもしれないけれど、命令に従わなければ罰則だ、では諦めて雇い止めや解雇に動く経営者も出て来そう。なんとかなると良いのだけれど・・・ (・・;
新型コロナの第4波が始まりつつあります。

助成金や無利息融資でなんとか踏みとどまっていた企業も、今や崖っぷちの状態です。

200万人以上いると言われている「従業者」に対しての助成金も、底をついてきています。

桁違いの失業者が出る前に、何とかコロナ禍が収束するのを願うしかありません。
この苦境を緩和するためには、国民市民の一人ひとりが正しく恐れてwithコロナの平時の生活を愉しむことに尽きます。

適切なかたちでの旅行や外食は経済を生かします。荒唐無稽なゼロコロナ論や過剰な抑制は経済を殺します。

今や国家緊急事態ではないのですから、感染拡大の原因ではないGoToトラベルやイートも早期の再開に期待。