新着Pick
683Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワクワクする記事です。「企業には社会・地球を良くするチカラがある」ことをますます求められる時代ですね。

サステイナブル、SDGsの取り組みと同時に、しっかりとビジネス成長へ繋げながら、、、と考えていくと、これまで以上にビジネスの進め方が複雑になりがちな気がしますが、ガチガチではないどこか遊び心もある取り組みが理想だと思います。
海が吸収・固定する炭素は「ブルーカーボン」と呼ばれ、とりわけ浅い海域の生態系の保全は気候変動緩和の観点からも重要性が高まっています。
最近、大型トロール漁船などによる底引き網漁によって海底から放出される二酸化炭素は、航空業界のそれを上回るとの試算がネイチャーに発表され、話題になりました。
底引き漁のあり方も大きな変化を迫られることになりそうです。
カキの養殖で生物多様性を取り戻し水質を改善させたり、昆布の養殖で大気中の二酸化炭素吸収を狙ったりする事例が紹介されています。
海洋生態系を利用した環境保全活動として、ほかには沿岸域に海藻のカーテンを幾重にも設置し、プラスチック・フリーゾーンを作ったうえで、マイクロプラスチック・フリーな貝類を作ると同時に、カーテンで回収したマイクロプラを熱分解でエネルギーにし、海洋を少しずつ浄化するという構想もあります。
海洋植物によって二酸化炭素を吸収する。あるいは海洋生物によって、二酸化炭素を封じ込める。海の資源を活用することでクリーンな地球環境を取り戻せるのであれば、海洋国である日本は積極的に海に投資すべきですね。
カキの養殖で水質改善! クジラが増えれば温室効果ガスが減る!
最近ウニノミクスという会社を知ったのですが、まさにこれに当てはまるなと思いました。

>>増えすぎたウニによる海藻の食害を原因として、海洋の浅瀬における砂漠化である「磯焼け」が進行しています。これらのウニは飢餓状態で身入りがないため、捕食者からも人間からも価値がなく放置されている状況です。浅瀬の藻類は小魚などを育む海洋生態系の基礎となっているとともに、膨大なCO2吸収も担っていることから、世界各地でその対策が急務となっています。

先月末にウニノミクス社はブルーカーボン推進事業による知見を蓄積しているENEOSと協業していくこと、ENEOS子会社から出資も受けています。
今後の動向に注目です。

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000060441.html
SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」は、持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用することをゴールとしていますね。企業がビジネスとして利益を創出しながら、海を守る最先端の活動があることが理解できました。
クジラがCO2固定に、これほど有効だとは…全く知りませんでした。

(以下、記事中からの引用)
クジラは生きている間も死んでからも、2つの方法で膨大な量の二酸化炭素の隔離に貢献する。生きている間は、二酸化炭素を吸収する植物プランクトンに、成長に必要な栄養素を供給する。そしてクジラが死ぬと、その体が海底に沈み、やがて海の堆積層の一部となって、生存中に蓄積された二酸化炭素が隔離される。
大型種のクジラ1頭につき、平均33トンの二酸化炭素を、数百年、数千年にわたって大気中に放出させない効果がある。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません」
海洋環境の改善に向けた市民活動(例えばアマモの定植など)が、カーボンオフセットとして販売できるルートなどが確立できれば、これまで手弁当で活動してきたような団体にとっても新しい価値が見いだせる気がする。

ちなみにアマモは『海のゆりかご』と呼ばれ産卵や住みか、海水の浄化など海洋生物にとっては重要な存在。ブルーエコノミーという新しい経済分野に期待したい。
「経済活動と自然保護は対立しない」まさにCSVですね。あと記事を読んで自然界の生物は、エコな生態をしてることを改めて感じました。地球に優しい生物的な機能を有してるのですね(だから種として生き残れてるのかもしれませんが。)