新着Pick
626Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コインベースがIPO。これで多くの休眠ユーザーが復帰するなど大きなインパクトが出る。時価総額は1000億ドルを超えるとの話も。間違いなくホットディールになると思います!

2020年末の時点での総顧客数は4300万人(前年比+34.4%)、法人口座数は7千。MAUは280万人(前年比+180%)トレーディング・ボリュームは1930億ドル(前年比+141.7%)預かり資産は900億ドル。売上高は12.78億ドル。前年は5.34億ドル。純利益は3.22億ドル、前年は-3038万ドル。第4四半期のトレーディング・ボリュームは機関投資家が570億ドル、個人投資家が320億ドル
目前に迫った、暗号資産取引所「コインベース」のナスダック上場(トラブルに見舞われ、3月の上場は延期されました)。暗号資産マーケット全般にとって、イメージ以上にインパクトの大きい出来事と専門家は語ります。その真の意味合いについて「あたらしい経済」編集長の設楽悠介さんに解説いただきました。
コインベースが上場するとまた仮想通貨のマーケットが盛り上がりそうですね!
機関投資家、米大手企業(テスラなど)もビットコインを保有するなどして、一般化しつつあるのでもっと値があがるように思います。
コインベースIPOは仮想通貨関係者と従来の資本市場の人々を結びつける大きなイベントです。

また二次流通市場のナスダック・プライベート・マーケットでは、既にコインベースの株は流通しています。株を市場へ流通させているのは、これまでコインベースに関わってきた人(投資家・従業員)などと考えられます。
その他いろんな動きがコインベース にはあるのですが、ナスダックとコインベースはあたらしい形のIPOを提示するのだと感じています。

仮想通貨業界有識者に教えてもらったことなのですが、上場目論見書「FormS-1」をご覧頂けると、いかにコインベースが誠実に経営して、情報を開示してきたかわかっていただけると思います。その方があまりにも熱弁していて、僕はその後何度も読み直しました。

仮想通貨というすごくリスキーでイノベーティブな業界の企業なのに、従来の金融企業のような情報開示を心がけています。僕はこの誠実さがコインベースの強みだと思います。

イノベーティブな業界×インテグリティ(誠実)な経営陣は、強い企業を生み出すファクターだと考えられます。
設楽編集長の寄稿、サトシナカモトに触れてるあたりと最後の締めがエモい。
コインベース上場も単に価格高騰で注目が集まる取引所の上場って話ではなくて、NFTアートのような技術にしっかり投資してる企業が上場する=暗号資産業界の裾野が広がっていくぞってニュースなんですね。
$COIN 4月にIPOできるのかな。とても注目しています。