新着Pick
100Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中小企業の事業承継問題。もちろん、後継者がいないことによる廃業などが主な課題ですが、追い込まれてはいなくても、高齢で事業意欲を失った経営者が過去の惰性で経営を続けていることもとても大きな課題だと思います。
日本の中小企業の生産性が低いと言われるのはひとつはここに課題があると感じます。

人間、どうしても歳をとると、各種の「欲」が減退する(笑)ので、事業意欲も落ちるのは仕方ないです。また、それほど高齢になっていなくても、長くやっていると新しいことへのチャレンジとか成長意欲が薄れてきます。
そうした経営者から、事業意欲旺盛で新しい経営に貪欲に取り組む経営者に早めにバトンタッチすることが、日本全体の活性化につながると思います。(経営者交代があった中小企業のほうが売上成長率が高いというデータも見たことがあります。)

早いうちに経営層の新陳代謝を進めないと(特に地方都市)、停滞・低迷から衰退に移行してしまいます。衰退してしまったら誰も経営しません。
このケースのような経営のバトンタッチが進むことを期待してます。

(多少ポジショントークが入っております。ご注意を。笑)
人気 Picker
先日、ガイアの夜明けでやっていた内容そのままですが番組見て記事書いたのかしら?
跡継ぎがいない温泉旅館がコロナで売りに出ているものを、地元の写真館が買収。結婚式プロデュースと組み合わせて写真を売りに再建をはかるストーリー
支配人としてエースカメラマンを送り込んだというのが面白く、結婚式ではカメラマンとしても活動してました
桜が売りとのことでしたが、季節限定なので他の時期をどうしていくのかは気になりました
興味深く拝読しました。
「小野写真館は昭和51年創業。2代目となる小野社長はブライダルや振り袖レンタルなどに進出。」
写真館とブライダルや振り袖レンタルはとても親和性が高いと思いますが、旅館まで。しかもコロナでレンタル事業が大変な時に、同様に苦戦している旅館業を始めるというのはなかなか勇気がいる決断だと思いました。
また、今はネットのM&A仲介サービスがたくさんあるので、案件も簡単に探すことができ、これまでにはなかった出会いもたくさんあると思います。
後継者がいないことで飛び地とのシナジーが生まれる可能性とは面白いですね。情報は公開されているので発想と熱意があれば色んな可能性が生まれそうです。