新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナ禍で重要性が増している「労働移動」について、民間企業の取り組みを取材しました。
コロナ禍では、飲食業や宿泊業など深刻な影響を受けた一方で、IT業界など業績が好調な業界に分かれているのが特徴。
雇用調整助成金など、雇用を維持するための政策が続いてきましたが、休業が長引き、労働移動を妨げてしまっている面もあります。
国は職業訓練の充実や、他社への出向を後押しする方針ですが、業界をまたいだ転職は活発とは言えません。

今回取材した人材紹介会社では、IT業界未経験者を採用し、IT人材を育成する事業に取り組んでいます。
コロナ禍で派遣先の企業が減るという状況もありましたが、民間企業でも労働移動を後押しする取り組みが始まっています。
人気 Picker
コロナ禍でリカレント教育に注目が集まりましたが、特にITエンジニアとして働くための教育・訓練の話題が多いですね。「ITが良くわからない人と会話のかみ合わないシステムエンジニア」も結構な人数見てきた経験から言うと、「エンジニアと、エンジニアでない社員の間に立ってコミュニケーションを助ける業務の人材」の必要性には共感します。
なお、プログラマーもシステムサポートスタッフも、「ロジカルに物事を処理できるか」が重要なので、そこに文系・理系出身うんぬんは関係ないように思います。友人にもいわゆる文系出身でゴリゴリのプログラマーはいますし。
ゴリゴリのアルゴリズム開発には、高度が数学が不可欠ですが、そうでない、一般的なプログラミングの場合には、全体の構造設計の方が大事なことも少なくありません。

そして、それは文章の構文解析・設計と似ているので、文系の人の方が得意なこともよくあります。

要は、コーディングとは「プログラミング言語で書く文章」とも言えるので、わかりやすい文章と同じで、構造化がとても大事なのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ITは、理系人材…この認識は一昔前のこと。理系、文系と区分する必要性もない。誰もが当たり前のようにもつリテラシーの一つとして捉えるべきである。ITは、あくまでも情報がもつ価値を高める手段であることを忘れてはならない。その価値をビジネス文脈の視点をもって、どのように活かすことが出来るのかを多面的に思考することが求められる。日常生活の中に、既に溶け込んでおり、知らないうちにITの恩恵を受けている現実を改めて認識したい。情報処理やプログラミングに関する知識も必要であるが、特に、構創力が必要になる。「構」=諦めていた課題や、解決されていない積年の課題に対して、What ifの視点をもって未来を描くこと。「創」=描かれた未来を"現実解"として設計し構築すること。これは、人間だからこそ出来る仕事である。極小的な視点を改め、未来を創り上げる仕事の一側面として捉え、"自分ごと"にしたいですね。
『文系AI人材になる』気になって読み始めた本です。私自身もまさに今その方向で意識して動いており、参考にできる部分が多々ある気がします。技術のプロでなくても、デジタルを応用した企画をあげる、広い見識を持った人材は重要になると実感してます。
IT業界=理系人材と理解している人がいるならやめた方がいいですね。建設=土方で日雇い、テレビ=カメラマン、と言っているくらい乱暴です。
建築士のような人もデザイナーもプログラマーも、もちろん土方のような仕事(重いモノは運ぶわけではないですが)もあります。記事にある通り、橋渡しをする人というのは過渡期なのでとてもニーズありますよね
いつになったら「IT系といえば理系」というステレオタイプはなくなるのだろか?