新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ティファニーブルー」と言われるミントカラーのギフトボックスが生み出す普遍的な絶大なる魅力と憧れ度を、今後どのように進化させていくかワクワクします。

ブランドは、本来持っている大切な価値を残しつつ、どこまで進化し続けるか、良い意味でのサプライズを仕掛けられるかが、キーであり、だからこそブランドビジネスは、面白く醍醐味があり、やめられないとつくづく思います。
Nike x Supreme x Tiffany みたいなコラボレーションが出てくることでしょう。Rolex x Tiffanyのような昔あったプロダクトラインも復活するかも。欧米らしいチェンジマネージメントや、上手く行っているファミリー系企業の好事例として注目してます。
ティファニーといえば、フランスの高級ブランドグループのLVMHが、買収する、やっぱりいやめたのすったもんだの末、傘下入りが決まった宝飾ブランド。そんなティファニーが、果たしてどんなブランドに化けるのか、注目が集まっています。

そんなティファニーの舵取りをする、若干28歳の経営メンバーは、実はLVMHのオーナー一族の御曹司。その手腕について、ぽっぽーが紹介してくれます。
今日の #伝書鳩tv は「LVMHが買収したティファニーがこれからどう変わっていくか」🐦

ティファニーのブランド刷新のカギを握るのは、LVMHグループの大株主、アルノー家(世界3位の富豪)のある人物🐦

Rayが繰り出すポップな予言、みなさん覚えておいたほうが良いです。ティファニーのこれからの進化が想像できちゃいます🐦

要するに、🐦🐦🐦🤵‍♂️👑🐦🕊🐦🧳💪↗️🐦🐦👟💍🤝🐦🕊🐦⚡️🐦⚡️です。

皆さんの感想をコメント欄でぜひ聞かせてください🐦

#ぽっぽー🐦🐦🐦
LVMHから派遣されたティファニーの新CEOは元ティファニー。規模、そして買収金額で大揉めした経緯を考えるとアルノー氏は絶対失敗できない。アレックスはまだまだはお試し運転モードでは?

前職で少しかかわりましたが、LVMHグループは30年以上CEOとして君臨しM&Aによって多くのブランドを傘下に収めたベルナール・アルノー氏の帝国であることは間違いないと思います。72歳の絶対君主ともいえる父親に対して自分の存在意義をどう訴えるか、ここでもドラマが見られそうです。
Rayさんの人脈が華麗。

ティファニーの伝統的な良さもあるけれど、やっぱり世代を超えて愛されるためには、変わっていかなくてはいけないところもあるのだと感じました。

それにしても28歳のアレクサンダー・アルノー氏には今後、期待ですね。若い感性がどう生かされるのか注目です。
LVMHはアルノー家によって運営されていますが、ベルナール・アルノー氏の息子がティファニーの立て直しという重責を担っているそうです。若干28歳ながらなかなかのやり手とのこと。

ベルナール・アルノー氏は、FinTechにも食指を伸ばしています。今年の2月にペガサスヨーロッパというSPACを設立。欧州の金融会社へ投資する計画です。

欧州は企業をサポートするためにこれまで以上の資本を必要としているとして、SPACを立ち上げました。お金のあるところに吸い寄せられるようにお金が集まっています。
今日もサクッと2倍速で見ました。ニュースもさることながら、注目は声優陣。
LVMH傘下に入ったティファニーのプロダクトと広報のトップに就いたのが、アルノー会長の息子、アレクサンドル・アルノー(28)。リモワのときのような、ストリートブランドやテック製品とのコラボが展開されていく近未来図が一瞬見えましたが、もはやsupremeコラボには食傷気味です。そうではない方向の驚きを期待したい。

それにしても短時間にテンポよくポイントをまとめられたこの動画、すばらしい。
ティファニーの若者人気は5年以内再燃すると思われます。もう戦略はあるでしょうね。楽しみ。

業績

業績